Testimonials

1. Nickname or initials: S
2. TOEFL speaking score: 23→26
3. An honest opinion of E4TG classes:

TOEFLの勉強を開始した後、スピーキングの苦労が予想されたので、多くの方がオススメされていたE4TGに直ぐに申し込みを行いました。E4TGのメソッドとイントネーションを重視する指導はTOEFLのポイントを付いていると思います。帰国子女や留学経験者でも苦労するTOEFLのスピーキングですが、スコアアップにはコツが必要だと思います。私は2ヶ月受講しましたが、半年以上20-23点で彷徨っていたスコアが、何とか最後に26点まで上げることが出来、無事にスコアメイキングを達成することが出来ました!TOEFLはあくまで出願プロセスの一環ですので、今後の受験生の皆様が早期のスコアメイキング(特に鬼門のスピーキング)を達成し、エッセイやインタビュー対策に移行される方が増加することを願っています。


1. Initials: AA
2. TOEFL speaking score: 23;
3. My honest opinion:

“4年間TOEFLの勉強をしてからE4TGへ入りましたが、ここで教わったことは目からウロコでした。E4TGに行って最も役立ったことは実践的なテクニックです。E4TG, FIT, Home Dateなど採点官に理解してもらえるエピソードを数秒で作る方法はTOEFLの苦手意識を克服するのにとても有効でした。また、発音矯正やArticulation Exercise、Shadowing Practiceなどでより自然な英語を話すコツを身に付けることができました。クラス内容に加えて、仲間ができたことが励みになりました。少人数グループなので、学校情報や勉強方法、出願準備などについて濃い情報共有ができました。


1. Name or nickname: RA
2. TOEFL Speaking score: 22
3. An honest opinion of E4TG classes:

ドナルドのスピーキング戦略を学んだことにより、本番でどのような問題が出ても落ち着いて対応することができるようになりました。また、スピーキングセクションは自分ではなかなか練習できないので、授業のたびに教室で6問練習して講評してもらえるのは助かりました。少人数クラスの上に、他の生徒が講評を受けている時間には別の部屋で発音矯正レッスンを受けることもできるため、効率的に時間が使える点も良いと思いました。


1. Name or nickname: T.M.
2. TOEFL speaking score: 23→26 (in just one month)
3. An honest opinion of E4TG classes:

帰国子女であるため英語は得意でしたが、speakingではなにを話してよいかわからず苦戦しておりました。E4TGを受講し、tacticsを学び、その実践を反復して練習した結果、すぐに点数があがりました。TOEFLには戦略が必要で、それを学ぶためにE4TGは大変有益でした。本当にありがとうございました。


1. Nickname or initials: Masa
2. Best TOEFL speaking score: 24
3. An honest opinion of E4TG classes


集中的にスピーキングのスコアを上げるにはとても良いクラスだと思います。少人数制でみっちり教えるスタイルなので、一人一人の発音の癖を指摘してくれたり、ネイティブにとって自然な英語の言い回しに修正してくれたりと、とても勉強になります。
レッスン中に人前で自分のスピーキングの結果を録音して発表するのは、最初は抵抗がありましたし、とても恥ずかしかったですが、うまく答えられると手放しで褒めてもらえますし、持ちネタとして準備していったものが、うまく回答としてハマると楽しくなってきます。
そうこうしているうちに、本番のTOEFLでも抵抗なく話せるようになった気がします。
スピーキングのスコアが伸び悩んでいる方は、是非一度試してみると良いと思います。
またレッスンを通じて、同じ留学の悩みを抱えている方々と出会えたことも、とても励みになりましたし、情報交換としても有意義な場であったと思います。そういった意味でも通われる価値があると思います。


1. T.K.
2. 22
3. E4TGでお世話になり始めたのは8月、TOEFLの勉強を始めて4ヶ月程度経った頃でしたが、スピーキングをどうしたら伸ばせるのか悩んでいるときに、会社の同僚に勧められて通うことにしました。

1クラスの生徒は5人程度と少人数で、問題への回答を各々ボイスレコーダーに録音し、全員の前で披露しながら、問題点や良い点を解説してもらうのですが、クラスメートと励まし合ったり、クラスメートから学べることもあり、非常に刺激的でした。
また、Donaldの持つ人間性によって、クラスの雰囲気は非常にアットホームで、積極的に問題に取り組もうという意欲を引き出してくれます。
さらに、Donaldは非常に研究熱心で、受講生のレベルアップに繋がる問題を選んでくれるだけでなく、常にTOEFLの最新の出題傾向を把握しているため、E4TGの予習復習のみでスピーキングは安定したスコアに到達することができました。
またもう一度、TOEFLの勉強をするとなったとしても、間違いなくE4TGへの通塾を選択しますし、TOEFLのスコアアップを目指される方にも絶対お勧めです。


1. Nickname or initials:T
2. TOEFL speaking score:18→24
3. An honest opinion of E4TG classes

TOEFLで100以上のスコアを目指す方にとって、ET4Gを受講する事は必須といえます。ET4Gは、戦略的なアプローチ、定期的な訓練、モチベーションアップ、TOEFL以外の英語力の向上をもたらします。

1) 戦略的なアプローチ:ET4Gでは単なるテンプレートの使い回しではなく、いくつかの基礎的なストックを、出題に合わせて柔軟に適応させることを重視します。暗記のアウトプットではありませんので、採点者にはより自然な回答に聞こえるようになります。さらに、回答方法もより論理的な展開が出来るようになるので、効果はすぐに実感できるようになるでしょう。

2) 定期的な訓練:週に1回、TOEFL
Speakingのテスト形式に沿って練習を行います。本番形式に沿って行う練習を毎回行えることは、試験への慣れの観点でも重要です。また、ET4Gの教材はTOEFL特有に分野に絞っている為、学術的な話題の事前習得の為にも有効です。

3) モチベーションアップ:1グループ5名のグループワークの為、とかく孤独な勉強になりがちなTOEFL受験において仲間が出来ます。他の受験者のSpeakingの戦略やアウトプットからの学習、そして進捗状況や勉強方法などの共有が出来るようになります。皆さん、一流のビジネスマン、弁護士、医者などの高いモチベーションの方ばかりなので、よい影響をうけることでしょう。

4) TOEFL以外の英語力向上:発音、イントネーションなどは毎回相当矯正されます。これらはTOEFL受験が終わった後も、身に付いたものとなり、英語力全体の底上げをします。またワークショップ形式で定期的に、発音トレーニングやリスニングトレーニングコースなどが開催されるので、総合的な英語力向上にも役立つことでしょう。

※ET4Gに効果的に参加する為には、Reading/Listeningの基礎的な能力が一定以上に到達している方が望ましいと思います。Speakingの得点力向上の為には、上記セクションの能力獲得が最低限必要になるからです。


1. Nickname or initials: kix
2. Best TOEFL speaking score: 23
3. An honest opinion of E4TG classes

純ドメの日本人にとって、TOEFLスピーキングにおける最も効率的な塾です。とにかく、Dono先生とJohn先生の人間性が素晴らしく、やる気になります。2回目の授業からは、名前と顔が完全に覚えられているようで、モチベーションUPします。

私は入塾当初19点でしたが、23点まで伸ばす事が出来ました。コツがつかめず当初伸び悩みましたが、E4TGの教材をやり込んでいくと23点は必ず出ると思います。

個人差があると思いますが、通うとすると3ヶ月が一つの目安かと思います。
3.月で一通りのテクニックを伝授されるので、あとは個人で伸ばすのがコスト的に良いと思いました。

 ※私費の方は特に、コストの掛け方も大事だと思いますので・・・

余談ですが、都内の試験会場では必ずE4TGのストラテジーに沿ってスピーキングしている受験生がいます。E4TGによって、日本のTOEFLのスピーキングスコアの平均点が徐々に高まっていくのは間違いなさそうです。


1. Nickname or initials: Yas
2. TOEFL speaking score: 23
3. An honest opinion of E4TG classes

「日本人は23点を目指すべき」というシンプルな目標にもとづいて、どんな設問でも応用しやすい簡単な枠組みを使ってスコアを上げていきます。少人数制で個々人をしっかりと教えてくれますし、発音レッスンまでしてくれるスクールは他には中々ないのではないでしょうか。私自身、最初は他校で学んだ方法で20点しか取れなかったところが、E4TGに通うことですぐに23点をコンスタントに取れるように慣れました。オススメです!


1. Nickname or initials: RY
2. Best TOEFL Speaking Score: 23
3. An honest opinion of E4TG classes:


TOEFL speakingの傾向と日本人特有の間違いに関し、ドナルド先生は卓越した分析と指摘をくださいました。感謝しています。2クールしか通えませんでしたが、E4TGの教材を繰り返すことで高得点を取ることができました!たかがTOEFL, されどTOEFL。TOEFLを乗り越えないと、志望校には合格できませんでした。先生本当にありがとう!


1. Nickname or initials: J.H.
2. Best TOEFL speaking score: 17 (F, L, L) → 22 (G, F, F)
3. An honest opinion of E4TG classes


いわゆる純ドメで根っからの英語嫌い、海外旅行で英語圏すら行ったことのない私にとって、TOEFLのスピーキングは究極に苦しめられたセクションでした。
1桁台の得点から始まり、様々な参考書や予備校に通い1年近く対策をしましたが、結局点数が上がらず、知人の勧めで問を叩いたのがE4TGでした。
結果、授業の内容、成果ともに大満足で、E4TGを選択して大正解だったと思っています。TOEFLのスピーキングに苦手意識のある方、色々と対策をしたけれど得点が伸びないという方は、E4TGに通われることをお勧めします。

私がE4TGをお勧めするポイントを以下にまとめさせていただきました。

(1)明快で信頼のおけるストラテジー
巷には、様々なTOEFLスピーキングの解法やテンプレートが出回っていますが、ドナルドのストラテジーは明快かつ応用が利くもので、私にとっては非常に納得できるものでした。加えて、これまでのE4TGの実績からも信頼のおけるものでしたので、このストラテジーを信じ練習を繰り返すことで、高得点を安定して取ることができるようになりました。
また、ドナルドのストラテジーはTOEFLスピーキングだけではなく、Independent WritingやMBAのインタビューにも応用でき、E4TGを受講してよかったといろいろな場面で実感することになりました。

(2)自主練習を促す環境
私もそうでしたが、スピーキングが苦手な方の中には、声に出して練習するのがそもそも苦痛→スピーキングの練習をしない→スピーキング能力が伸びない→・・・という悪循環に陥っている人も多いのではないでしょうか。
授業の中での一発取り、クラスメイトの前での再生というのは相当のプレシャーですし、回答がうまくいかなかったときはとても恥ずかしい思いをします。しかしこうしたプレッシャーが、自主練をしようというモチベーションにつながりました。また、回答がうまくいった時は、ドナルドは褒めてくれますし、自分の回答が回答例をして録音された時は非常にうれしく、更なる練習の励みにもなりました。ドナルドの授業は練習を促すようにうまく設計されています。

(3)ドナルドの人柄(純ドメの人も尻込みする必要ありません!)
純ドメで外国人とコミュニケーションを取ること自体にアレルギーのあった私でも、ドナルドの陽気かつ日本人的気配りのある性格のおかげで、楽しくレッスンに参加することができました(通学中は、最後まで英語で流暢にコミュニケーションはとれませんでしたが、それでもレッスンは十分に楽しめます)。
また、ドナルドは、スピーキングの指導だけでなく、TOEFLの点数が悪い時にはチアアップしてくれ、出願の追い込み時期に中々点数が上がらず精神的に参っているときにも非常に助けていただきました。
正直、私はネイティブのレッスンということで、授業についていけるのかと受講を2か月くらいためらっていましたが、今ではなぜすぐにE4TGに通わなかったのかと後悔しています。外国人とのコミュニケーションが苦手、経験がないという方でも、心配入りません!むしろ、そういった方こそ、E4TGに通われることをお勧めします。


1. Nickname: Yu
2. Best TOEFL speaking score: 23
3. An honest opinion of E4TG classes


戦略を集中して学び、それを少人数クラスでブラッシュアップさせていくというスタイルで、非常に効率的・効果的にTOEFLスピーキング対策 を行うことができます。

社会人になって初めて「塾」というものに行きましたが、費用対効果抜群で、1か月で23点を取ることができるようになったので、大変満足して います。
E4TGの受講を終えてからも、クラスでやったことを思い出して常に自信を持ってTOEFLスピーキングセッションを受けることができるよう になりました。
コーチ陣はフレンドリーで話しやすく、また場所も良かったので、周りにぜひこっそりとお勧めしたいと思います。


1. Nickname or initials: YA
2. Best TOEFL speaking score: 26
3. An honest opinion of E4TG classes

私にとって、E4TGはその名の通り、英語スピーキング力向上は勿論の事、”戦略的に”英語に取り組む機会を与えてくれた場所です。高校入学以降、英語勉強をする機会もなくMBA受験をスタートした私のスピーキング・スコア15点、全体スコア55点からのスタートでした。当初、スピーキングのみならずリスニングや語彙にも問題がありました。ドナルドの徹底したTOEFL研究に基づいた、戦略的なアプローチに従って地道に練習をし続けたところスピーキングに関しては23まで数ヶ月で上がりました。その後シャドーイングを繰り返し、ドナルドからフィードバックを得ながら26を達成、全体スコア106を達成しました。それだけではなく、E4TGで得た英語に対する戦略的なアプローチをGMATやインタビュー対策にも活用し、結果として志望校への合格を勝ち取ることができました。


1. Initials: Y.I
2. Best TOEFL speaking score: 23
3. An honest opinion of E4TG classes:

MBA留学を目指すものの、TOEFLの目標点到達にSpeakingがボトルネックとなっており、独学でも大手留学予備校に通ってもさっぱりScoreが伸びず、諦めかけていたところをE4TGに救って頂きました。E4TGの実践的な戦略、卓越したノウハウと目から鱗のクラス運営、そして親身な講師陣・スタッフは多くのSpeakingで苦しんでいる方々を救ってくれると確信しています。また、ずっとSpeakingに苦手意識を持っていましたが、E4TGのクラスのお陰で、TOEFLのScoreのみならず、verbal communicationそのものの上達を実感できました。もっと早く知っていればよかった、というのが唯一の後悔です。


1. Nickname : Jameer
2. Best TOEFL speaking score: 27
3. An honest opinion of E4TG classes


E4TGはspeakingスコアをあげるための最短の選択肢と思います。speaking sectionは全く対策なしで22点の状態で入学し、2カ月間受講し、その時点で24点。その2カ月後に27点に到達しました。
 
もともとバックグランドとして、1年間の交換留学と半年の勤務経験(いずれもアメリカ)、日本国内で英語の契約交渉というものがあったので最低限話せる状態ではあったのですが、やはりTOEFL speaking独特の「戦い方」を短期間で吸収できるのがE4TGの強みです。
 
クラスはまず初回のオリエンテーションで一通りの「型」を紹介されます。(丸暗記してそのまま発音するだけのテンプレートではないです)その上でクラスに出ます。4~5人のみ。一斉に録音し、順番に再生、指摘をもらうスタイルです。最初は多少ビビりますが、解答の構成(situation/action/result)と幅広いトピックに応用可能なtask1/2用のネタ(自分なりにカスタマイズする必要あります)を数通り用意するだけで、自分の回答に安定感が生まれることにすぐに気付きます。あとはいかに自分のストックのネタにうまく結びつけるか、クラスで瞬発力を鍛える感覚です。

task3以降はRとLのお題次第なので、RとLのポイントを理解できることが高得点の前提にはなりますが、やはり少人数なため自分の回答のどこが良くてどこが悪いか、時間をかけて教えてくれます。と、結構堅いことを書きましたが、何よりdonaldのクラスは楽しいので全くもって苦になりません。
 
E4TGの弱みは、、、人気がありすぎて空席待ちする必要があることくらいでしょうか。時間が許すのでしたら、speakingは迷わずE4TGを
お勧めします。


1. Nickname or initials: K
2. Best TOEFL speaking score: 24
3. An honest opinion of E4TG classes


DonaldのSpeakingコースには、TOEFL受験前半に4カ月ほどお世話になりました。TOEFLを受験する後輩にもぜひお勧めしたいです。
良かったポイントはみなさんの感想通りですが以下の通り。

1. 戦略が現実的
私は日本人で海外経験もほぼないですが、まず現実的な目標設定とそこに応じた戦略を考える必要なく指導してくれます。時間をかけたいポイントは他に山ほどある中、かなりの時間節約になると思います。

2. スピーキングのPace MakeになるDonoの授業は毎週3時間(?)、みっちりスピーキングを行うので、復習のみでScore Makeができました。

3. Nativeによる発音修正+文法修正
私は英語で仕事をしていたので、英語をしゃべることに抵抗はなかったのですが、ビジネスにおいては誰も発音・文法ミスを修正してくれません。
Dono、Sandyからの指摘と丁寧な指導で、自分の英語も少し洗練されたのではと思います。アルファベットの発音を1から習い治せた貴重な機会でした。

4. Donoの熱意!何よりも、Donaldの親切さ、ネットワーク、ユーモア、そして熱意を持った指導に助けられたことが何回もありました。

ということで、日本人で海外経験がにようであれば、何も考えずにDonのところに駆け込むべし!というのが私の感想です。
Dono、本当にありがとうございました。


1. Nickname: HOM
2. Best TOEFL speaking score: 23
3. Opinion:

E4TGのSpeakingのコースの良さはTOEFLがあくまで受験であることを認識させてくれることである。問題の形式への慣れ、日本人の苦手とする発音や内容の回避、採点者の認識等、受験ではいずれも基本となる情報を繰り返し教えてくれる。そして、TOEFLのSpeakingは驚くほど似たような内容が繰り返し出題されていることも分かったので、E4TGでいくつかのパターンを完全に身につけることで大きな自信に繋がる。また、だからといってテクニック重視というわけではなく、Listening力の強化に繋がる教材や情報も役に立った。今までほとんど英語を聞いたことも話したこともなかった私にとっては、当初から23点が目標であったので、大変満足している。


1. Initial: KS
2. Best TOEFL Speaking Score: 26
3. Opinion:

E4TGはTOEFLのSpeakingセクションに対する臨み方・勉強方法が効率的に学べる場であり、なるべく早い段階で申込みされることをお勧めします。(時期によっては申込みから受講まで数ヶ月かかることもあるようです)私自身、MBA受験を決心したタイミングでDonald先生に連絡を取り、TOEFL受験前からクラスの受講を開始しました。
個人的に特に良かった点は以下3点です。


1. 個人の発音・表現の癖を指摘してくれるため、意識的にそれらを修正することが出来る。
2. 戦略がシンプルかつ強力であり、応用の幅が広い。
3. 授業はアットホームな雰囲気であり、受験生同士のネットワークも広がる。

Donald先生の教えに従い練習を積んだ結果、初回のTOEFLでSpeakingは23点を獲得、3回目の受験で26点を獲得することが出来ました。結果、早い段階でTOEFLの目標点に到達し、社内の留学生選考も通過することが出来ました。E4TG無くしては得られなかった結果だと思います。


1. Nickname or initials: MM
2. Best TOEFL speaking score: 23
3. An honest opinion of E4TG classes

第一志望のスクールに合格できたのは本当にDonaldのおかげです。理由は大きく3点です。

①Speakingのスコアの安定
Donaldは見た目とは裏腹に(笑)、出題傾向を本当によく研究しています。丁寧な指導で発音や話法の基礎力を高めつつ、ETS受けする回答方法を、効率的にしかも楽しみながら(←これが大事だと思う)学べるので、毎週通っているうちにストレスなく上達していきました。レッスンを受け始めてからは22, 23でスコアが安定しました。SPの安定はTOEFL目標スコア到達までの大きな近道でした。

②TOEFL全体、MBA出願全体のアドバイス
DonaldはTOEFLだけでなく出願プロセスのTipsなども惜しみなく教えてくれます。純ドメの私にとって、クラスの合間にDonaldとのSmall talkで得られた情報は出願プロセス後半のエッセイ・インタビューで大きな助けになりました。

③クラスメート
私は基本的に塾などでネットワーキングを積極的にしなかったのですが、E4TGだけは例外でした。レベルの高いクラスメートに恵まれ、受験の苦労を分かち合い、情報をシェアし合える大切な仲間ができました。


1. Nickname or initials: K.O.
2. Best TOEFL speaking score: 24
3. An honest opinion of E4TG classes


TOEFL Speakingのスコアをアップさせたい方、特に、私のように、①英語圏在住経験がない、②独学でSpeakingの勉強をしているもののスコアが18~22点から一向に上がらない、③最終的には22~26点までスコアを上げたい、という3拍子が揃った方には、E4TGの受講を心からおススメ致します。

E4TGの最大の特徴は、①洗練されたテンプレート(の作り方の伝授)と、②授業を通じた徹底的な反復練習です。まず、E4TGが提供するテンプレートを使えば、回答時間の短縮と文法・表現ミスの削減が可能です。これは、日本人の多くがTOEFL Speakingの極めて短い制限時間や、制限時間内での正確な英語のアウトプットに苦労していることを踏まえれば、極めて大きいと思います。また、どんなに素晴らしいテンプレートでも、本番でそれを自在に活用出来なければ意味がないわけですが、この点についても、E4TGへの通学期間中に「授業の事前準備(自身専用のテンプレート作成と自主演習)⇒授業での徹底した問題演習とドナルドたちからの問題点の指摘⇒次の授業の事前準備(テンプレート修正と自主演習)」を何度も繰り返すことで、ほとんどの問に対応できる応用力を身に着けることが可能です。

もちろん、E4TGの授業が有効かどうかは個々人の好みや英語力にもよると思いますが、少なくとも、E4TGの授業の質・費用対効果については本当にオススメ出来るものです。是非一つの選択肢として検討してみてください。


1. Name: HY
2. TOEFL speaking score: Before E4TG 22/After 4 lessons at E4TG 26
3. Honest Opinion in Japanese:

上記のスコアの通りE4TGにたった1か月通っただけでスコアが伸び、TOEFLを卒業することができました。

E4TGに行く前は出たとこ勝負でSpeaking Sectionに臨み、回答が浮かばずパニックに陥っていましたが、E4TGできちんと対応策を学び、訓練を積むことで力が付き結果がすぐに出ました。

Donaldや他の先生との会話は基本英語ですのでSpeakingは勿論、Liesteningの練習にもなるのではないかと思います。また、発音も細かく指導してもらいかなり改善しました。

Donald先生をはじめどの先生も気さくで話しやすい人ばかりで授業はとても楽しかったです。(録音した自分の回答を聴いている時以外は)
一緒に受講していたクラスメートとも仲良くなり、試験や留学の情報交換をしたり、クラスメートの回答から学ぶことも沢山ありました。

厳しい受験プロセスの間、E4TGは私にとって癒しの場になっていたので、TOEFLのスコアは1か月で上がったのですが、実はその後もしばらく通ってしまいました。


1. Name or nickname: N.S.
2. Best TOEFL Speaking: 24
3. An honest opinion of E4TG classes

TOEFL SpeakingだけでなくMBA受験全体を考えたアドバイスをくれたDonaldにはとても感謝しています。純ドメの私でしたがなぜかSpeakingで23が出るようになったとき、「君の場合はSpeakingでそれ以上の点数を目指すより、他科目の勉強をしたほうがいい。相談はいつでものるよ」と言ってくれたので、結果として目標にしていた合計110点を達成することができました。お世話になったのは比較的短い期間でしたが、授業はとても楽しく、素敵な仲間にも出会えるので、できればもっと長い期間お世話になりたいくらいでした。ありがとうございました!


1. Initials: S.T
2. Best Speaking Score: 26
3. An honest opinion of E4TG classes

独学で98点まで取ったものの100点の壁が越えられず、一番苦手なSpeakingをどうにかしたいと思い受講しました。授業は少人数(4-5人)の実践形式で、レコーダーを使い録音した自分の回答をクラス全員で聞きます。同じ内容を繰り返してしまう点や、発音のミスなど独学では気づけなかったことを指摘頂き有り難かったです。また、回答の型を学び授業で繰り返し自分なりに応用することで、どんな問題にも対応できるようにできました。ドナルドのユーモアがあって明るくフレンドリーな性格も魅力の一つだと思います。お世話になりました。


Name or nickname: Y.U.
Speaking score improvement: 20 to 24

TOEFLの勉強を続けている中で、Speakingこそ独学では太刀打ちできないと思い始めていましたが、友人から以前Donaldの名前を聞いていたことを思い出し、E4TGの門を叩きました。

実際にDonaldの授業を振り返ってみて、TOEFL SpeakingならE4TGしかないのではないかと今改めて思っています。

Independentにおいてはrecycleできる自らのStoryをいくつか作ってそれを何度も練習しましたが、おかげでindependent speakingで「あわわあわわ」することがなくなりました。また、integratedにおいても毎週の授業での「一発録り」が本番では本当に威力を発揮してくれ、integratedでgoodを獲得できたときは静かに感動しました。本番での出来も授業でDonaldからもらった評価と比較して冷静に分析できるようになる、というおまけまでついてきました。

授業中はすべて英語、と聞くと構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、Donaldが展開する授業は、とてもアットホームでユーモアに満ちており、その中で自分がどんどんSpeakingに慣れてくるのが実感でき、また一緒に受講した仲間からも学ぶこと、盗めることも多く、毎回の授業が本当に楽しみでした(通塾が苦痛から全くかけ離れている、というのは結構奇跡的なことだと思います。)。

最終的に第一志望のLL.M.から合格通知をいただき、私のTOEFL journeyは幕を下ろしましたが、その成功の中心にE4TGがあったのは間違いありません。

自信を持って、そして何をさておいてもE4TGをお薦めします。

TOEFL Speakingの枠を超えて様々なかけがえのない物を提供しくれたDonaldには本当に感謝です。

ありがとうございました。

今後のE4TGの益々の発展を心からお祈りしております。


Nickname: K.F
Score improvement: from 20 to 24

友人から勧められてドナルドのクラスを受講しました。評判通りの質の高い授業と実践的な教材のお陰で短期間でスピーキングセクションへの対応力を身につけることができたと思います。受講前のスコアは18から20点の間を彷徨っていましたが、ドナルドのシンプルで強力なストラテジーを学ぶことで2ヶ月程度で安定して23、24点を取れるようになりました。また、ドナルドの教材を復習することで、自然とリスニング能力を向上させることができたと思います。

少人数制の授業でクラスメートとは仲良くなり易いですし、クラスメートの回答や他の受講生の模範解答(CD)から学んだり、様々な受験情報を得られるのも魅力です。とにかく、TOEFLのスピーキング対策としては絶対にお勧めです。


Name or nickname: U
Score improvement at E4TG: 15 (4/28) ⇒24 (6/17)

私のMBA受験プロセスにおいてE4TGは最も実りのある予備校でした。

以下3点にその素晴らしさをまとめさせて頂きました。改めて、ありがとうE4TG。

(1) TOEFL Speaking のスコアアップ

E4TGを選択することは日本人のTOEFL Speaking スコアアップのための最も効率的な方法で間違いないかと思います。

私は5月から受講を開始しましたが、4月28日に15点だった私のスコアが、そこから2カ月も経たない6月17日には24点にまで上昇したことがその1つの証拠になるのではないかと思います。

(2) Donald本人の人柄、MBA受験の指南役としてのDonald

Donaldは米国人のノリを持ちながらも、日本人の気配りを持った人です。

一般論ながら予備校教師はクセのある人も少なくないかと思いますが、Donaldはそういった拒絶反応の少ない、どんな人にも適した教師かと思います。

そもそも授業が非常に楽しい!

またTOEFL Speakingのみならず、その経験とネットワークを活かして受験全般をサポートしてくれる、日本人のMBA受験の心強い指南役と今では考えております。

(もちろんE4TG卒業後も、いつでもサポートしてくれます。)

(3) 受験生同士のネットワーク作り

MBA受験においては横のつながりがモチベーションの維持や受験情報の共有といった点から重要となりますが、毎週、特定の少人数で構成されるE4TGのクラスメイトはたちまち仲良くなり、1ヶ月後には貴重な受験仲間となります。

月毎にクラス替えがある他、Donaldが受講生を集めた飲み会を開催してくれることで、E4TGだけで多くの受験仲間を作ることができます。


Name or nickname: Y.N.
Speaking score improvement: 20 to 24

仕事で英語を使ってはいるものの、旅行以外の海外経験がない私にとって、TOEFLのSpeakingとWritingは鬼門で、この二つをどうクリアするかがスコアUpの鍵でした。ただ、純ドメの私が独学でSpeakingのスコアを伸ばすのによい方法が見つからず、非常に困っていました。

そんな中、幸運にもドナルド先生のクラスを見つけました。その圧倒的な実績と良心的な価格に惹かれ、すぐに授業を受けることに決めました。ドナルド先生が教えて下さるSARというストラテジーとその練習方法は本当にすばらしく、私も授業を受けてすぐに、これはスコアが上がるな、という実感を得ました。私が特に感銘を受けたのは、ドナルド先生がこのSARというストラテジーを単に教えるだけでなく、長年のご経験で培ったTOEFLに対する深い理解をベースにして、生徒一人一人と本当に真剣に向き合い、生徒の個性やクセまで把握した上で、真摯なアドバイスをしてくれる、という点です。日本での指導経験も長いため、日本人が陥りやすいミスに対する知見も豊富で、結果として、先生のクラスをとって1ヵ月で私のSpeakingは24点まであがりました。また、SARの考え方をWritingにも応用したことで、WritingのスコアもUpし、結果として、Totalのスコアもすぐに目標を越えました。

毎回の授業は楽しく、和気あいあいとしており、忙しい仕事の合間に時間を作って授業に出るのもまったく苦になりませんでした。もし自分のSpeakingに少しでも不安を感じていらっしゃるのであれば、すぐにドナルド先生の門をたたくことを強くお勧めします。


Nickname: T.Y.
Speaking Score Improvement : 18 to 23

Donald先生のクラスに通うまでのTOEFLのSpeakingでは、何を喋ってよいかわからず気がつけば制限時間が終わっているという、多くの純ドメ受験生が経験する苦痛を幾度となく味わいましたが、受講してから3カ月後位からは、あらゆる質問に対しても臆することなく臨むことができ、気が付けば23点に到達していました。Donald先生のクラスの良い点は、Speakingの各セクションでFairを確実にとるための要求水準の把握とその達成を意識した無駄のないアドバイス、さらには、毎回のクラスで使用する練習問題の質の高さ(重宝したIntegratedの問題は本番さながらです)にあります。Donald先生の教えに従い、また、志の高いクラスメートの刺激を受けながら、毎日の反復練習に励めば、確実に23点は獲得できると断言できますし、これほど確率の高いTOEFL対策予備校は他にありません。純ドメ受験生にとってTOEFL対策には長期を要しますが、Donald先生のクラスは、英語での考え方を身につけるという点で、Speakingのみならず、ListeningやWriting、Interview対策にも効果的ですので、留学志望者であれば、社費留学が決まる以前であっても、早めに先生のクラスを受講されることをお勧めします。


Name or nickname: Sushi Restaurant
Speaking score improvement: 18 to 24

他の方が書かれているように、DonaldのTOEFL Coachとしての実績および人間性には、文句のつけようがなく、私もすっかり信者のひとりになりました。3か月受講して、目標のSpeaking 23点以上、Overall 105点を達成しました。

TOEFL受験を始めた頃、Speakingで高得点を取るためには、ネイティブのように話せる必要があると思い、テンプレートの暗記や、Skype英会話に取り組みましたが、思うようにスコアが上昇しませんでした。そんな中でE4TGを知り、Donaldに相談してみたところ、「TOEFL Speakingで良い回答を毎回即座に思いつくことは、ネイティブにだって難しく、そもそもそんな事をする必要はない」と言われ、とても驚き、実績の高さを信じて通学を決意しました。

E4TGでは、まずTOEFLの採点基準について詳細な解説を受けた上で、効果的なストラテジーについて学ぶことができます。例えば、SpeakingではDelivery(発音等)、Language Use(単語力)だけでなく、Topic Development(会話の展開)の配点にも重きが置かれます。これに対して、Donaldのクラスでは、まず、「東京での楽しい一日」や「部活動での経験」といったテーマを下敷きに、「オリジナルストーリー」を作り上げます。これらを膨らませ、各自のストーリーに多面的な切り口を持たせることで、TOEFLにおける様々な質問に対しても、ほんの少しの微調整により、毎回高得点を獲得する安定的な会話展開ができるようになります。さらに、週一回のクラスで模擬採点を受けることもできるので、採点基準を理解するだけでなく、コミュニケーションに欠かせない発音・単語力も改善されます。結果、2か月で18点だったスコアが24点まで一気に上がりました。こうした効果的な勉強方法を、ユーモアを交えて解説することにより、モチベーションを上げてくれるところが、E4TGの良いところだと思います。

また、少人数制のクラスですので、合格までの間にともに励まし合える受験仲間ができることも通学のメリットだと思います。加えて、DonaldはTOEFL Speaking以外の留学全般の相談にも乗ってくれ、優秀なカウンセラーを紹介してもらえたりもします。TOEFLのみならず、留学全般に役立つ場所がE4TGです。


Nickname: R.T.
Score improvement at E4TG: Speaking 13 to 20; Total:56 to 100

There are many good points for this class. It worth to commute from Aichi every weekend.

* このクラスを一言で表すと最高です。はじめは、1対1ではなく他人の目がある中で英語を話し、それをスピーカーで聞くのは恥しい気持ちでいっぱいでした。しかしその過程で、よい人の癖を真似たり、自分ももっと上手くなりたいと、強い動機づけになりました。結果として私のSスコアは4カ月で安定して20点が取れるようになりました。その他に、スピーキングスコアはスコアとして、以下の3点が素晴らしい副産物としてついてきます。

1. クラスで他人の発言内容にも耳を傾けるため、リスニングスコアが向上。19点から28点に。

2. クラスはスコアアップのテクニックではなく、きちんと英語で話すことにフォーカスしている為、イントネーションが改善され各学校のインタビューに自信を持って臨める。3校(TOP15内)受験しましたが、どこの学校でもこれだけ会話が出来れば問題ないと言われるレベルに。

3. 先生やクラスメイトという多くの仲間が出来る。TOEFLスコアメイク後のアプリケーションプロセスでも情報交換等含め多くの事を助けあえます。私の場合はここでのネットワークを通じ、最高のカウンセラーに出会うことが出来ました。


Nickname: Ue
SP Score improvement: 18→23

発音クラスを含め、3か月通学し、18点で完全に止まっていたSpeakingのスコアが23まで伸びました。E4TGではTOEFL Speakingの戦略と発音の両面で丁寧なサポートを受けられます。また雰囲気が非常にアットホームなため、リラックスして授業をを受けることができます。 E4TGは勉強を楽しみつつTOEFL Speakingのスコアを伸ばしたい方にとって最高の環境だと思います。


Name: Seiji Y.
Speaking score from: 17 to 24

90点台が出せるようになったところで、スピーキングが壁であることを改めて確認して門をたたいたドナルドクラス。
とても素晴らしい経験になりました。特に良かった点を挙げます。

・本番に近い(もしくはそれよりも難しい)マテリアル

→意外とリスニングもまだまだ駄目なことに気づけたことで、リスニングも新たに頑張るようになりました。
  ドナルドのメソッドを忠実に守ることによる副産物だったのかリスニングが最高で29点取れるようになりました。

・厳しいも暖かいドナルドのコメント

→練習しないと、ちゃんと毎日やってる?と聞かれます(※私は3週間目で聞かれて気まずい思いをしたことを
  今でも覚えています・・・)。そして発音の欠点もピシッと指摘されます。ちゃんと続けて頑張って課題を克服すると
  きちんとそこが直せたことをほめてもらえます。これはとてもうれしかった。(私は”L”の発音が下手だったのですが、
  毎日毎日鏡を見て練習して、ようやくコンスタントに綺麗な音が出せるようになりました。)

・回答後に即スピーカーで自分の解答が披露されるプレッシャー

→初回のクラスで本当にもうなんというか途方にくれます(という人は通っていた人なら少なくないはず・・・きっと)。
  ぼろぼろに感じたおかげで、あるいは他の人の模範的なスピーキングを聴くことで来週は絶対もっとうまくなるぞ!
  というモチベーションが生まれます。

・少人数のクラスメイトの存在

→少人数だからこそ、お互いに困っていることや情報交換も気軽にできます。こうやったらListening伸ばせるよ、とか
  こんな練習してます、などなど。みんな同じ目標に向かって頑張っているので、一体感を感じられるのではと思います。
  私が出席していたクラスは仲間に恵まれていたと感じています。

これらのおかげで苦しいTOEFLの学習を比較的楽しく続けられたと思います。

がっちり頑張りたい方は是非E4TGの門をたたいてください。


Nickname: k01
Score: 23 (March)->26 (December)

E4TG's class was high-level enough to aim 26 in TOEFL speaking. I learned here what kind of story is versatile, what kind of examples are convincing for TOEFL graders and how to manage answering time. It was also good for me that I could get feedback right after I answered practice questions in the classes. I think E4TG is one of the best solutions to TOEFL speaking problem.


Nickname: Y.T.
Score improvement at E4TG: SP: 15→24, Total: 75→108

帰国子女でもなく仕事での英語使用経験もない私がTOEFLで高得点を出すことが出来たのは、紛れもなくE4TGのクラスのおかげです。TOEFL攻略に際しては、Speakingセクションをどのようにカバーするのかが、純日本人にとって大きなテーマになりますが、私も最初は全くうまく出来る気がせず、正直練習するのも嫌いでした。

E4TGのクラスの最も良い点は、とにかく自分の実力が毎週クラスメイトの前に晒され、評価され、アドバイスをもらう、という環境に置かれるところだと思います。

上達しないとまた来週も恥をかくという恐怖から、私も必死で練習するようになりました。また、徐々にE4TGのMethodに慣れてくると、ゲーム感覚で、問題に対してどのようにAdaptすべきかを考えるようになり、本番でSpeakingセクションの時間になると、「今日はどんな問題が出るのだろう」と、楽しく思えるようにすらなりました。

私はスタート地点が低かったため、そのような心境になるまで数ヶ月かかりましたが、驚くほどに、自ずとScoreも上がり、安定して22-23点が出るようになりました。

E4TGの良い点を挙げるとキリがない位、私は本当にこのクラスが好きで、延べ8ヶ月も通い詰めましたが、毎回入れ替る4~5人のクラスメイトと仲良くなり、同じ志を持つ仲間と様々な情報交換を出来る環境があるのは本当に有益でしたし、何よりDonaldとJohnという2人の素晴らしい講師(もはや大切な友人ですが)が、TOEFLやMBA受験全般のことに、常に親身になって相談に乗ってくれ、励ましてくれるのが、先が見えず辛い受験期間の中での何よりの精神的なオアシスになっていました。

とにかく、TOEFLをなんとかしたいと考えている方、Speakingは正直匙を投げかけている純ドメの方には、絶対にお勧めです!


Nickname: terarin
Speaking score improvement at E4TG: 20 to 23

(3) 多くの日本人にとってスピーキングは鬼門だと思います。私も、E4TGの存在を知るまでは一体どう練習すればいいのかわからず、いわゆるテンプレートに頼った戦略を多用した結果、18~20点程度で打ち止めになっていました。

そうした中でE4TGの存在を偶然知ったのは、留学準備に苦しむ中でもっともラッキーなことの一つでした。

E4TGでは、上述のようなテンプレートは使わずに、柔軟に活用可能な戦略を教えてくれ、かつ、本番に近い問題で練習することにより、スコアをあげる「コツ」を体で理解させてくれます。また、単に「TOEFLのSpeaking」の練習にとどまらず、日本人の英語の発音やデリバリー、イントネーションの問題点や解決策を、日本に長く住むネイティブの視点から指摘してくれ、TOEFLだけでなく、その後のインタビュー等でも非常に役立ちました。

わずか2ヶ月程度で、22~23程度までスピーキングのスコアを引き上げてくれたE4TGには非常に感謝しています。TOEFLで悩んだら、まずはDonaldにアプローチされることを強くお勧めします。


Nickname: さやたん
Speaking score improvement: 18 to 27

私はアメリカに5年間住んでいた帰国子女で、現地校に通っていたため英語にも自信がありました!でも初めてのTOEFLを受けてみたら、何を話していいかわからず、Speakingがまさかの18点/30点!

どうしようとDonoの門を叩くと何と15回のレッスンで27点/30点までのびました!E4TGの素晴らしいところは

1.Donoが科学的にとーーーーっても熱心にTOEFL SPEAKINGを分析してくれていて

2.9割方の質問が来ても答えられる個々人のオリジナルな魔法のパターンを用意してくれて(しかもテンプレートではない)

3.仲間もいるからアイデアももらえて!

4.個別に発音のダメなところや抑揚もfeedbackしてくれる!

この4点です!

18点から4回のレッスンで23点、23点から27点までの追い込みは個別に相談にのってもらい、thのサウンドやE4TGのストラテジーでは少し答えづらい質問(1割方)にも回答法(adaptation)を丁寧に教えて頂きました!

テンプレートを覚えるのがTOEFLSpeaking上達の道ではありません!

そして理由を必ず2つ入れれば点がもらえるわけではありません!

目からウロコの指導法をあなたも是非体験してみてください☆


Nickname: Take
受講前のspeakingの点数は15点、受講開始後3か月で24点を獲得

指導内容

自分の中で、どんな話題にも対応できるストーリーをいくつか用意し、それを本番でうまく調整して解答とする。というのが彼の教えの本質だと思います。なので、素晴らしい内容を話そうとするのではなく、使い慣れたいくつかの話を本番でうまく利用できるように練習する場がE4TGでした。こうした指導のスタイルは、そもそも海外経験がなくSpeakingに自信のない私のプレッシャーを軽減し、進むべき道をシンプルに力強く示してくれるものとなりました。

毎回クラスでは5~6人がテーブルを囲み、ドナルドオリジナルの問題(本番と驚くほど難易度・形式が似ている)を1問づつまず各自が解答・録音し、それをクラスの前で一人分ずつ聞いていき、ドナルドからのフィードバックを受け、最後にフィードバックを受けて各自が再度録音する。という流れで、テスト同様に6問行います。ドナルドのフィードバックはとにかく一貫性があり、教えを受けるこちら側に迷いが生まれません。また、発音・流暢さに関して毎回、具体的な練習方法を提示してくれるので、彼の教えに従って練習を重ねた結果、自然と自分のレベルが向上していくのがわかりました。加えて、その日に行った問題に対するE4TGの他の生徒のサンプルアンサーCDをもらうことが出来るので、その内容を自分の解答に盛り込むことで答えを補強していくことが出来ました。

扱う問題に関しては、とにかく本番と難易度・形式が似ています。これは彼がTOEFLのSpeakingに関して深く研究を重ねている証拠だと思います。加えて、彼はReadingなどその他のセクションの傾向の変化などの情報にも通じているので、彼からTOEFL全般に関するアドバイスを貰うことも多かったです。

Donaldという人物に関して印象深かったのは、彼が生徒の名前だけではなく、各自の所属先、過去の点数まで正確に記憶したという点でした。こうした彼の真摯さが多くの生徒からの信頼に繋がっているのだと思います。

E4TGという塾に関しては、志の高い方が多く、刺激を受けることが多かったです。また、ドナルドが定期的に企画してくれるパーティーを通して、普段は話すことはないような業界の出願者と話す機会も増え、かけがえのないものとなりました。


Name: Soichiro
Speaking score improvement at E4TG: 20→26

E4TG is the best TOEFL speaking school! I went 2 other prep-schools and I am sure that E4TG has the best teaching materials. Not just the strategy I learnt from Donald, but also information about MBA that we could get from our classmates helped me a lot and the atmosphere of classes inspired me to study hard. The time preparing for MBA was hard time, but the time in E4TG was exciting and it was priceless! Is this too short?


Nickname: M.S (商社/純ドメ)
Speaking score improvement at E4TG: 20→23(1か月で)

「これまでベルリッツやその他大手英語教室に通ったことがありますが、E4TGの指導のきめ細かさ、先生の真剣さ(ユーモアさ)、コストパフォーマンスは群を抜いて優れていると思います。何十万円も払って大手英語教室に通ったことを後悔しました。

 授業では「あなたの発音はこうするともっと良くなる!」と生徒に手鏡を持たせ、舌の使い方から細かくアドバイスしてくれます。おそらく多くの日本人にとって‘R’と‘TH’の音は習得が難しい音と思いますが、E4TGのおかげで勤務先で「帰国子女でしたっけ?」と尋ねられるほどに上達しました。単にTOEFL対策だけでなく、Speakingの力が土台から向上したと思います。

最後に、いくらE4TGの授業の質が高いとはいえ、それを生かすも殺すも自分次第と思います。予習、復習を自分でしっかりやるか否かで学習成果が全くかわってきます。E4TGに通えばすぐにスコアが上がると安直に思わないほうがいいです。そういう人がクラスの仲間にいましたがスコアの伸びが非常に悪かったです。」


Nickname: TAKA
Score Improvement: 18 → 24 (Total Score 108)

E4TGはTOEFLでハイスコアを取得する為に避けて通れぬ王道です。以前通っていた予備校では、私のような純ドメ日本人のSpeakingスコアは23点がせいぜい限界との指導を受け、また実際のスコアは何度受験しても18点から上がりも下がりもせず、という状態でした。しかし知人の紹介でDonaldのクラスを受講し、その独自メソッドを信じて練習を重ねた結果、わずか1か月で24点を叩き出し、合計スコアも108点にジャンプアップ、結果的に第一志望校の米国MBAに合格することができました。

また、Donaldは発音のクセを的確に見抜きアドバイスをくれるので、TOEFL受験終了後も、仕事で使う英語の発音に自信を持てるようになり、授業料を大きく上回るリターンがあったと確信しています。

正しい方法を選択し努力を継続すれば必ず報われる日が来ますので、頑張ってください。


My name is Ryota Tanozaki
My score improvement is from 19 to 23. The score improvement takes three months.

ドナルドの授業に友人の紹介で2012年の2月から4月末まで通いました。地方で業務に携わっていたため、平日や休日の休みを利用して、2-3時間ほどかけ、ドナルドの授業に参加しました。海外旅行に数回いった程度で、外資系で働くわけでもなく、私生活でも英語を使う機会の少ない人は、スピーキングで23以上を出すのは困難と思います。ドナルド無しには。当初は、独学で、スピーキングの問題に対する解答を用意して、TOEFLのテストに望んでいたのですが、19点が精一杯でした。そんな時、友人からドナルドを紹介してもらいました。彼の教えるSpeakingで高得点を撮る戦略、その戦略を実現する文法、表現、発音の考えか方は非常に明快で、わかりやすく、TOEFLのスピーキングで23を3ヶ月程度で実現できました。この場での学習は、特に基礎的な発音(R/L、V/B、TH/S など)の矯正に多大な影響を与えてくれました。そういった意味で、TOEFLという点にいかせるだけでなく、私の今後のコミュニケーションという線にいかせる授業だったと革新しています。


Name: Daisuke
Score improvement at E4TG: 13-24

最終的にTOEFLで109点を取れたのはドナルドのスピーキングのおかげです。

無対策で受けた最初のTOEFLで13点というびっくりする程低い点をたたき出してしまったのですが、ドナルドのおかげでTOEFLで一番の難関であるスピーキングでコンスタントに23点を取れるようになれました。

E4TGが素晴らしいのは、シンプルな戦略と実践的な授業のためだと思います。

戦略がシンプルなため、上達するためにすべき事が明確になり最短距離でスコアアップする事ができます。

毎回テスト形式の実践的な授業とドナルドの的確なフィードバックでテストに直結したスピーキング能力を鍛える事ができます。

SpeakingセクションはドナルドのE4TGのみで大丈夫です。参加すれば言っている事がすぐに実感いただけると思うので、ぐだぐだと書き連ねる気はありません。

すぐウェイティングリストが一杯になって相当待つ事になるので、迷わず早めに応募する事をお勧めします。


Name: Soichiro Fuji
S20/T86 →S23/T106

秋口まで独学で点数が上がらず悩んでいた時に、Donaldのクラスに入ることで、スコアが短期間で伸び、最終的には志望校に合格することが出来ました。私がクラスの中で感じた特に素晴らしかったこととしては、

1.ただやみくもにやり方を教えるのではなく、TOEFLというテストを誰がどのような意図で採点しているか、何が採点の基準になるかを授業の中で教えてくれるため、意図を持って勉強することが出来たこと

2.発音やストラテジーなど授業の中で個々にあったアドバイスをくれるため、効率的にスピーキングの点数を上げることが出来たこと

3.スピーキング力を高める中で、英語のリズムを体得できるようになり、結果的に他のパートも短期間で飛躍的にスコアを伸ばすことが出来たことです。Donaldには本当に感謝しています。また、他校含め合格者にDonald門下生が非常に多いことが、何よりもその質の高さを物語っていると思います。


Nickname: H.K.
Speaking score improvement at E4TG: 18 to 22

初回のDonaldのクラスで受けたショックは本当に衝撃的で、今でも忘れません。5人のクラスの中で自分以外の全員がきちんと話せているのに、自分だけが全く話せないという状況に置かれたことは、苦手な英語のSpeakingの練習をする覚悟を決めるきっかけとして十分なものでした。しかし、よくよく話を聞いてみると、ほとんどの他の受講者も、最初に授業を受けた時は私と同じような体験をしたそうで、その衝撃がモチベーションとなって、コンスタントに練習をし、きちんと喋れるようになったようです。Donaldは日本人がTOEFL Speakingで効率的にスコアアップするためのノウハウを熟知しており、練習の仕方、練習の大切さを繰り返し教えてくれます。その結果、E4TG受講前は90前後がやっとだったTOEFLスコアも、再度順調に伸び始め、半年程度で目標だった100を超えました。E4TGでは様々な志を持った良い友人にも恵まれ、思い切って受講してみて、本当に良かったです。


Nickname: K.Y.
Score improvement: S20/T110 -> SP26/T110

大学時代にイギリス留学を経験した私にとって、TOEFLは大した問題にならないだろうと高を括っていました。然し、スピーキングだけは何度受けても20点前後。トップスクール入学のために、藁をも掴む気でE4TGの門を叩きました。それから約2ヶ月で、スピーキングの点数は6点も上がりました。

E4TGで学んだことは3つあります。

1つ目は、TOEFLスピーキングにも戦略があるということ。それまでの私は、何を聞かれるか分からないんだから準備のしようがない、という半ば開き直りの状態で臨んでいましたが、これがそもそもの間違いだということにオリエンテーションの段階で気づくことができました。その後のレッスンでは、自分で考えた戦略に対してフィードバックをもらい、自信を持って本番に臨むことができました。

2つ目は、反復練習が物を言うということ。これはTOEFLスピーキングに限らず、語学習得のプロセスでは当然のことかもしれませんが、一人で練習をしていると躊躇してしまい、なかなか出来ることではありません。E4TGで定期的に話すことを自分に課すことで、自然と自宅でもレコーダーに向かって話すことが苦にならなくなってきます。ドナルドが毎回配布してくれる他の生徒による模範解答CD-Rも、自主練のモチベーションとなります。練習をしていくと、何故かドナルドにはそれが分かるらしく、「ここが良くなった」「ここはもう少し」というコメントがもらえるので、また練習しようという好循環に繋がりました。

3つ目は、本当に多くのことを周りから学べるということ。ドナルドに限らず、一緒に授業を受ける生徒からも面白いストーリー・テリングや表現を学びとる環境があります。英語の上手い下手に関わらず、自分の思考プロセスからは出てこないものを吸収することを意識しました。そうすることで、角度の違う質問にも対応することが出来たと思います。また、MBAスクールやアプリケーションについての情報交換の場としてもE4TGは最適だと思います。

GMATやアプリケーション、ビジット等、MBAの受験はTOEFL以外にも盛り沢山です。E4TGで時間を節約すれば、その後のプロセスにも妥協せず取り組めると思います。是非、早い段階からドナルドの助けを借りることをお薦めします。


Initials: M.Y.
Score improvement at E4TG: 13→20 (total 83→100)

海外大学のマスターコースの足切りであるTOEFL90点を目指し自己学習をしていました。しかし、数か月経過しても80点台から抜け出せず、スピーキングは点数が上がるどころか、逆に回数を重ねる毎に緊張感が増して10点台前半まで後退し、藁にもすがる思いでE4TGに来ました。2カ月間のE4TGは、実践的な練習を数時間続けるため、スピーキング落ちこぼれの私には特に最初の頃はつらく感じたこともありましたが、先生の丁寧な指導と同じ目標を持った仲間に引っ張られ、なんとか私でも20点台になることができました。授業ではメソッドを習うとともに、例題を多く扱うので、少しずつ苦手意識と余計な緊張がほぐれ、安心して試験を受けられる様になったのが大きかったと思います。市販のテキストで勉強をしても、なかなか点数が上がらない方にも強くお勧めします!


Name: Shota
Score improvement at E4TG: 20⇒26

Donaldの授業無しで、純ドメ日本人の僕が108点を獲ることは不可能だったと思います。Top 10 US MBAプログラムに合格するためには105点が必要だと一般に言われていますが、それに遠く及ばず途方に暮れていた僕も、ET4Gのオリエーテションを受け「ここで戦略を学んで練習を積めば、きっと105点の壁を破る事ができる」と確信することができました。

毎回の授業の最後にE4TG生徒の模範解答が収録されたCDが貰えますが、この回答集は具体的なベンチマークとして役立っただけではなく、また「この解答集の常連になるように頑張ろう」という目標にもなり、非常に活用させていただきました。更には、E4TGの受講を通じて、モチベーションの高い他の受験生と知り合い切磋琢磨できたことも長く孤独な受験生活における大きな刺激そして財産となりました。


Nickname: N.K.
Score from 19 to 26

スコアメイキングにおいて、最も効果を感じたのはDonaldのTOEFL Speakingのクラスです。4・5月のわずか2ヶ月の通学後、6月中旬のテストで26点を獲得することが出来ました。申し込み前は、安い授業料ではないと感じて一ヶ月ほど迷ったのですが、その間は非効率的な練習を重ねてしまったなと今では思います。

費用対効果は抜群です。一日も早く申し込まれて、スコアに繋がる効果的な練習を重ねられますように!(ちなみに純ドメです)

1.一生モノの英語スピーキングの基本を知る

TOEFLのスピーキングセクションは、スピーキングの基本を知らなくては、
ただやみくもに丸暗記した内容を話すだけでは点が取れないテストだと思います。(特に純ドメは・・・)Donaldの授業では、SARのアプローチ、発音、イントネーション、音節の区切り方等、どこも教えてくれなかった基本を分かりやすく教えてくれました。この基本は、Interview等でも存分に効果がありましたので、おそらく今後も使い続ける一生モノのスキルになったと思います。

2.TOEFLスピーキングの戦略が獲得できる

出題範囲が多岐にわたる(ように見える)TOEFLスピーキングにおいて、基本となる戦略をはっきり伝授してもらえるので、精神的にもスコア的にも随分助かりました。初回のTOEFLテストは、問題⇒ビープ音⇒頭真っ白という感じでしたが、Donaldのクラスに通ってからは落ち着いて回答に集中することが出来ました。

3.効果的な録音練習

Donaldのクラスでは、練習時に録音して、クラス全員でその内容を聞きます。

日本語でも、自分の話したものを録音して後から聞くというのは恥ずかしいものです。それが、英語ならなおさら恥ずかしく、初回の授業はクラス全員でシーンとしてしまったのを今でもはっきりと思い出せます。

しかし、最終的には、それが私にとっては練習のモチベーションとなり、効果のある練習方法でした。クラスメイトの回答方法や進捗を参考に、また、自分の回答に対するアドバイスを聞きながら、どうすれば「Good」に聞こえる回答になるのかを色々模索することが出来ました。

4.最後はやっぱり反復練習

Donaldの評判が非常に高かったため、授業が主体という誤解をしていましたが、
初回の授業(の録音・・・)でそれは全て打ち砕かれました。Donaldの教えは非常にシンプルですが、だからといって簡単に実践できるわけではありません。オリエンテーションや授業で教えてくれる内容を完璧に復習して、体に叩き込むことがスコア獲得上は非常に重要だと思います。Donaldは、それを正しく導いてくれるチューターのような存在でした。Thank you so much!


Nickname: Jo-san
Speaking score improvement at E4TG: 17⇒22

Donoのことが、Speakingの先生としてだけではなく、人として大好きです。

私は、海外経験が全くなく、TOEIC450点、TOEFLも33点(R8 L11 S8 W8)から始まった英語ダメ人間でした。長いこと、TOEFLをやり続けて、2010年9月、88点がでたときにDonoに初めてコンタクトしました。しかし、発音が悪すぎるし、wait listがいっぱいなので、当分無理だと言われました。それでも、私はDonoのクラスを受けたく、熱烈なラブコールを送り続け、2010年12月に遂に参加許可がでました。その際、私の発音を改善するために発音の先生も紹介して頂きました。それだけでなく、Donoのクラスに参加するようになってからも、Donoは定期的に私の発音をcheckしてくれました。ほんとうに感謝しております。

2011年1月~10月ぐらいまでとかなり長いことDonoにお世話になりました。その間、イントネーションなど、TOEFLのSpeakingだけでなく、今後の英語人生に非常に有益なtipを数多く学びました。Strategyも素晴らしく、おかげで私はCPAネタという得意技もできました。英語ダメダメな私が、コンスタントにSpeaking 20、22点がとれるようになったのは紛れもなくDonoのおかげです。また、Donoのクラスに参加したことによって、他のセクションにも相乗効果があり、Listeningは27点、Writingは28点まであがりました。クラスにでれば、なぜ、他のセクションのスコアがあがるかわかることでしょう。

Donoは人としても素晴らしく、辛い辛いMBA受験ですが、Donoのクラスにいるときだけは笑いが絶えませんでした。純粋に楽しかったです。また、スコアが出なくて、苦しんでいる時も、私を励まし続けてくれました。さらにDonoのイベントのおかげで、数多くのMBA生、applicantの方と知り合いになることもできました。

最後に、Donoがよく言っていましたが、"If you don't practice, I can tell your future."という言葉だけは胸に刻み、皆さんが長く苦しいTOEFL JourneyをDonoと一緒に乗り切れることを祈っております。


Nickname: Hiro
TOEFL speaking score improvement at E4TG: From 10(L-L-L) to 24 (F-G-F)

私ほど伸びた人はいないのではないでしょうか(最初が低すぎ・・涙)。5月に知人からの紹介でDonaldのことを知り、録音したマテリアルを送りました。そのマテリアルは、私が授業内で録音される度に、決まって流され、「最初はこうだったね!」と、成長を褒めてくれました。頼んだら聞かせてくれます。

以下、私程度の実力の人間がどれくらいで成長したのかを時系列でご紹介します。6月から11月末まで通いました。

■6-7月「メソッドの理解」(最高18点)

IndependentもIntegratedも苦手だった私は、授業内でのDonaldの的確なアドバイス(イントネーション、口の動かし方、使うべき単語等)、毎回渡されるCDで他の生徒の内容を聞き、真似をし、コツを理解することに専念せざるを得ない期間でした。7月末からそれなりに本番でメソッドを使えるようになったと記憶しています。

■8-9月「メソッドの定着」(最高22点)

Independentでは、一通り自分の形ができてきました。「この質問には、このネタを!」というのが分かったのかな。この頃から、授業内でも録音されるように。初めて録音された時には、本当に嬉しかったです!その後は、“毎授業1回”録音されることを目標にしていました。Integratedは、リスニングに難があり、別途リスニング強化すべしと指導を受けました。授業内でやったものに加え、毎回Additionalで数問くれるので、毎日できるだけ同じものを繰り返しDetailまで集中して聞くようにしました。Donaldお勧めの「Moment of Science」や「Scientific American」も意識的に聞くようにしました。

■10-11月「適応力の強化」(最高24点)

Independentでは、あらゆる問題パターン対応できるようになってきました。準備したものがそのままあてはめられることは少なく、ちょっとした閃きと細かな修正や適応を鍛錬した結果、対応できるように。Integratedでは、会話もレクチャーも聞くべきポイント(メモを取るべきポイント=しゃべるべきポイント)が理解でき始め、ポイントを待てるようにもなりました。

以上が簡単な流れです。今も流暢に英語を話せるわけではないですが、Donaldメソッドを使えば、高得点が狙えるということを身をもって実感しました。Donaldに出会ってなければ当然この結果はなかったし、授業内外でMBA受験全般に関する的確なアドバイスもくれるので、非常に有意義です。Thank you!!


Name: Miyagawa
Speaking score improvement at E4TG: from 23 to 26

「素晴らしい」の一言です。私のMBA受験勉強の中で最も自信を持ってお勧めできるのがDonaldのSpeaking Classです。

私は日々の業務で英語を使っていることもあり、普段英語を全く使わない日本人の方と比べるとアドバンテージ があったかもしれません。ただ、TOEFLのSpeaking対策のための情報がどこにもなく、スコアアップのために何 をすればいいか分からずにいました。

Donaldは非常に実践的な戦略を教えてくれ、それに基づいた練習そしてフィードバックをしてくれます。1クラ ス5人までと少人数制を徹底しており、値段もリーズナブル(4回45,000円、1回3時間)です。Donaldの人柄(超 ナイスガイ!)と授業の進め方があいまって、いつも参加するのが楽しみでした。

DonaldはTOEFL全般に関する最新情報も常に教えてくれます。さらに彼のMBA関係の仲間からの情報なども教えて くれるため、TOEFLに限らず色んな相談を気軽にできました。

最終的にはSpeakingで26点を取ることができ、志望校にも合格したため、TOEFLの勉強は終えてしまいました が、時間をかけて練習すれば26点も安定して取得が可能だと思います。

以上のように絶対おすすめですので、Speakingでスコアアップが必要な方はぜひDonaldの門をたたいてみてくだ さい。


Nickname: Y.O.
Speaking score improvement at E4TG: SP 20 to 23

私がトータルスコアで105点を越えた時が偶然にも初めてSpeakingで23点を獲得した時でした。私がSpeakingで23点を獲得できたのは、ひとえにDonald先生のおかげだと大変感謝しています。

E4TGの素晴らしい点は、柔軟なテンプレートを用いクラスで徹底的に実践する点です。テンプレートを丸暗記するのではなく、トピックに対してテンプレートをどうカスタマイズしていくかを実践問題を通して練習します。また、授業では実際のTOEFLと同形式の問題を本番同様の時間制限を設けて練習するため、毎回緊張感を持ってTOEFL Speakingをシミュレーションできます。

また、各人の解答をクラスでシェアしながらDonald先生のフィードバックを受けるため、表現、発音、時間配分などクラスメイトの解答から学ぶことも多いです。復習用には他のクラスや過去の生徒の模範解答が録音されたCDを貰え、復習には重宝しました。真似できないようなネイティブの模範解答ではないので、求められるレベル感を把握し、新しい表現やネタをストックするなど自分の解答のレベルアップに活用できました。

一人で練習すると単調になりがちで苦痛だったSpeakingの勉強ですが、Donald先生のクラスに通うことで勉強にメリハリができ、またレベルの高いクラスメイトと一緒に勉強することでモチベーションも高まりました。日本人受験者にとってボトルネックになり、かつ点数も伸びにくいSpeakingを攻略しTOEFLで高スコアを獲得するために、E4TGの門を叩くことをお勧めします。


Name or nickname: S.K.
Speaking score improvement at E4TG: 18 to 24 (Best Total: 110)

E4TGのおかげで、私は数ヶ月でスピーキングにおいて23点や24点をほぼ毎回取れるようになりました。24点より高い点を取れなかったのは、最後までタイムマネジメントがうまくなかったという私自身の問題に尽きており、タイムマネジメントが上手な方であればE4TGに通うことで簡単により高得点を取れると思います。

E4TGの素晴らしい点としては、その戦略が挙げられがちに思いますが、それだけではありません。毎週数名の他人の前で何回も練習することや、ネイティブから発音やアクセントや表現について毎回個別のフィードバックをもらうこと、フィードバックをくれる講師のDonaldやJohnがナイスガイであることというのは、他の勉強方法では得られない、とても素晴らしかった点であると思います。これらのおかげで、私はとても楽しく、かつ効率的にスピーキングの能力を上げることができました。私は大手の学習塾にも通いましたが、そこではこのような経験はできませんでした。

私は友人から強く勧められてE4TGに通いましたが、現在私も留学予定の友人に強くE4TGを勧めています。これをご覧の皆さんも、もしスピーキングのスコアを効率的に上げたいと思われるのであれば、ぜひE4TGを試してみて下さい。


Nickname: T.Y.
Speaking score improvement at E4TG: 17 -> 23

TOEFL ibtのspeakingセクションは、旅行程度の海外経験しかない私にとっては本当に過酷な試験でした。何をしゃべって良いかすらわからず、持ち時間の半分以上を意味のないhesitationで潰してしまったこともあります。どのように対策すべきか途方に暮れていたところ、E4TGに出会い、4ヶ月間レッスンを受けました。Donaldはspeakingセクションの問題をよく研究しており、非常に効果的な対策方法を教授してくれます。本番では、時折変化球な設問が出題されることもありましたが、Donaldは最新の問題傾向を常に把握しており、受講生がどのような問題にも対応できるようサポートしてくれます。また、私の場合、E4TGに通い始めてからリスニングのスコアも上昇しました。週1回3時間ですが、メモを取りながらリスニングするという作業をインテンシブにこなすことにより、長いリスニングでも集中力を持続させるコツを掴んだのだと思います。そして、E4TGを通じてできたアプリカントのネットワークも、MBA受験を進める上では欠かせない存在でした。同じ状況に身を置く友人と情報交換をしたり、時に愚痴を言い合ったりするのは、モチベーションを維持する上では非常に大切だったと思います。エッセイ執筆が本格化する秋以降は、基本的に一人で受験準備を進めていきますので、E4TGに通った4ヶ月間が、いかに明るく楽しいものであったかを実感しました。TOEFLはMBA留学を目指す上での最初の関門です。特に、海外経験のないアプリカントが独力で突破するのは、不可能と言っても過言ではないと思います。トップスクールを目指すアプリカントの方々には、是非E4TGの門を叩くことをお勧めします。


Name: Masa
Speaking score improvement at E4TG: 18 (July) to 23 (September)

About E4TG

日本の”TOEFL iBT対策”というindustryにおいて、全セクションを通じて最も費用対効果の高い授業を提供する場がE4TGだと私は思っています。とりわけ海外経験の少ない方が90台から100、105以上へのジャンプを目指す段階では、スピーキングの向上こそが鍵であり、Donaldの教えほど効果的なものは他にないかもしれません。私は海外経験がまったく無く、仕事でも英語を使うことは皆無で、TOEFLを何度受けてもスピーキングは6月頃まで長らく15から18の間をさまよっていました。もし7月にE4TGの門を叩いていなければ、3か月後の9月には安定的に23を出し、トータルスコアも最高90から106に至ることはなかったでしょう。

Donaldの魅力は、厳しくも優しくて愛情に溢れる彼の人柄と、テスト本番さながらのトレーニングの中で披露される彼の卓越した試験戦略です。Donaldは、TOEFLという試験を熟知し、何がネイティブスピーカーの採点官の印象を決めるのかを熟知し、そして日本人のクセを熟知しています。そのアドバイスは的確で実践的です。また、少人数クラスでレベル・意識の高い受験生の方々ばかりですので、クラスで得られるネットワーキングの有意義さは、他の(特に客層の裾野が広い)予備校の比ではありません。

いまやTOEFLの受験会場で、Donald戦略と思しきスピーキングを実践されている受験生の方がたくさんいらっしゃるのも、無理からぬ話です。中には、E4TGで学んだ訳ではなく人づてにDonald戦略を使われている人もいらっしゃるようですが、こればかりはDonaldやJohn、そしてハイレベルなクラスメイトと同じ時間を共有して直接教えを乞わないことには、その戦略を体得することは難しいと思います。誤解されやすいようですが、Donald戦略の真髄は単なるTemplateではありません。ぜひ、彼とFace-to-faceで向き合うことで、その効果を体感して頂ければと思います。皆様のsuccessful TOEFL journeyを祈念しております。


Name or nickname: T.K.
Speaking score improvement at E4TG: SP17(August)/Total 106 to SP24(December)/Total 112

私がTOEFLの勉強をするにあたり通った予備校はE4TGのみです(Speaking & Pronunciationクラス)が、独学では手の届かないところをしっかり補完出来た為、あまり時間をかけずにTOEFLを卒業することが出来ました。

1.クラスの感想

クラスは毎回、TOEFLのスピーキング問題の回答をその場で録音した後、その回答を皆の前で一人ずつ再生してフィードバックを貰うという形式で行われます。最初にクラスに参加した時には、周りの方が合図と同時に流暢に回答を録音している中、全く回答が思いつかず、とても焦ったことを覚えています。私の場合、Speakingの練習も一日10~20分程度しか出来なかった為、その後しばらくはDonaldに「Do you practice?」と聞かれてはドキっとしていました。ただし、短い時間でも練習を重ねていくうちに、段々とそれなりに話あせるようになり、自分の回答がmodel answerとして録音される等、自分のSpeaking skillが上達していくことが割と早い段階ではっきり分かるので、とてもやりがいがありました。ちなみに、回答は全て採点してもらえるのですが、その点数分布が徐々に良くなっていく様子を時々眺めて、モチベーションを上げたりもしていました。

2.クラスの効果

R,L,Wが元々問題ない方であれば、TOEFLのSpeakingスコアは、特に22点くらいまでは比較的簡単に伸びると思います。この点については、他の皆様も書いていらっしゃると思うので、私はここでは、全般的なSpeaking skillの上達について書きたいと思います。私はSpeaking クラスと同時にPronunciationクラスも受講したのですが、Pronunciationクラスで徹底的に発音を矯正すると同時に、Speakingクラスで実践するというサイクルを繰り返したせいか、英語の発音やイントネーションがとても良くなりました。これはTOEFLのSpeakingスコアと直接的に結びつくわけではありませんが、Speakingに対する自信が付いたという点で、個人的にはE4TGに通った大きな成果でした。


Name or nickname: H.H. (弁護士)
Speaking score improvement at E4TG: 18→23; Total: 90→105

米国ロースクール留学のためE4TGの門を叩きました。7月から9月までの3か月でTOEFLの点数を90点から105点まで伸ばすことができ、第一志望のLL.M.プログラムに合格することができたのは、E4TGのおかげだと考えています。

いわゆる渉外法律事務所に所属していると、留学は不可欠のキャリアステップとなりますが、日常業務に追われ英語の勉強が先送りになるのが常です。しかしながら、E4TGは、生徒のTOEFLスコアを短期間で上げることに対して徹底的にこだわっており、また、ロースクール受験生も多数指導してきた実績があるので、短期間で無理なくTOEFLスコアを上げる勉強方法を提案してくれます。もちろん自分なりの努力も必要ですが、TOEFLと正面から向き合い、きちんと成果を上げたい方には非常におすすめです。

E4TG:

T.S.

 TOEFLのSpeaking Sectionは、独学が難しい分野だと思います。これは、発音、イントネーション、言い回し等、ネイティブではないとなかなか分からない点を消化していかなければならないからだと思います。私は、海外での生活経験がないため、一体どうすればスコアを改善できるのか途方にくれていましたので、Donald先生のクラスは大きな助けとなりました。Donald先生は、日本人への教育経験が豊富なため、日本人が誤解しがちなポイント(発音、表現、語順等)を熟知しており、毎回、非常に適切なアドバイスをくれます。特に有用だったのがIndependent SectionにおけるSpeakingの組み立て方に関するアドバイスでした。この方法論のおかげで、本番のTOEFLの様々な問題に対し、常に柔軟に対応することができるようになりました。Integratedについても洗練された戦略を提示してくれますので、この点も心配ありません。また、Donald先生の授業は、ユーモアを交えてテンポよく進むため、週末にクラスに通う負担感は感じません。日々仕事に追われている方も多いと思いますが、そのような方でもDonald先生のクラスに通い続けることは十分可能であり、お薦めします。

Brian’s Private Session:

T.S.

 私は、TOEFLのSpeaking Sectionのスコアの解説中で、発音の問題点を指摘されることが非常に多く、これがスコアダウンの原因の一つになってきました。そこで、Brian先生のプライベートレッスンを受講することにしましたが、当該レッスンのおかげで、TOEFLのスコアの解説中で発音の問題に関する指摘を受けることがほとんどなくなりました。Brian先生の解説は非常に論理的で、自分の発音の何が問題なのか、どのようにしたら発音が改善されるかが納得感のある形で理解することができます。すなわち、舌と唇の動きをどう改善すれば、発音をどのように改善できるかを明確に理解できるので、非常に効率的です。また、Brian先生は、褒めて伸ばすタイプなので、私は、いつもレッスンを楽しんでいます。ところで、効果を実感するのは、TOEFLだけではありません。日常の仕事でもネイティブと会話する機会が時々あるのですが、その会話中に私の発言を聞き返されることがほとんどなくなりました(発音がクリアになったからだと思います)。そのことで、英会話への自信が高まり、英語を話すことが次第に楽しめるようになり、非常に感謝しています。


Name or nickname: K.U.
Speaking score improvement at E4TG: 24 to 26 (Total 102 to 113)

E4TGのおかげで最終的にTOEFLで113点を獲得することが出来ました。

私は海外経験が全くない、いわゆる純ドメの人間です。5月から3か月間E4TGに通い、9月にはこの点数を出すことが出来ました。TOEFLの勉強に1年以上かかる方もいらっしゃる中、このような短期間で結果を出すことが出来たのは、E4TGでスピーキングだけでなく、ライティングのスコアアップ法も学ぶことが出来たからだと思います。スピーキングについては他の方も書いていらっしゃる通り、Donaldの指導を受ければ必ず点数が上がります。しかし、Donaldはスピーキングだけでなく、他のセクションに関するTipsも度々教えてくれます。私の場合、E4TGに通うまではライティングを独自のテンプレートで乗り切ろうとしていたのですが、Donaldは私の答案を見て、どうすればライティングのスコアが上がるかを丁寧に教えてくれました。結果として、それまで25点程度で推移していた私のライティングのスコアは、安定して29-30点が出るようになりました。

スピーキングだけでなく、TOEFL全体のスコアアップを狙う全ての人に、E4TGの受講をお勧めします。


Name or nickname: swordsman90
Speaking score improvement: SP19/T89 to SP22/T100

TOEFLのSpeakingを教える学校(先生)は大勢あり、それまでいろんな学校に行きました。大半の学校では「テンプレート」が用意されており、テンプレートをひたすら徹底的かつ完璧にして、本番では単語などを変えるだけという戦略を教えてくれました。この方法で成功する人も確かに“ちらほら”いました。でも、自分にはあいませんでした。テンプレートに沿った自分のSpeakingを録音するなどして確認しても、自身の発音が正しいのかどうかは自身で判断しなければならないことが多く、また、テンプレートが当てはまらないケースも散見しました。努力してもテストスコアは一向に上がらず、自己嫌悪に陥る日々でした。結局最高で19点止まり(実態は18点ばっかり)で、自身で目標にしていたSpeaking 20点の壁はなかなか破れませんでした。

状況を打破すべくネット等を調べていると、DonoのHPにたどり着きました。わらをもすがる思いで、この学校の門をたたきました。ここでは、柔軟かつ適切な戦略・正しい学習法の習得もありましたが、なにより、同じ目標や苦しみを共有する同士との交流もあり、また、毎週クラスが本当に楽しく、私にとってはかえっていい意味での息抜きにもなっていました。また、人間的にも、Donoは(いい意味で)大人で、信頼でき、心の底からこの人に身を預けてみようと思いました。

それから2カ月、Donoの言うとおり復習をしていると、いとも簡単に20点の壁を超えました。(「いままで何だったのだろう」と思ってしまいました。)努力の量は、E4TGに通う前のほうが多かったかもしれません。しかし、E4TGに通ってからは、努力の質が変わったのだと思います。そして、さらに2ヶ月後、22点までたどり着きました。以降、安定的に20/22点をとり続けることができました。

ある日、クラスの中で、オリエンテーションのときの自分の回答をDonoが聞かせてくれました。そこで、はっきりと自身の成長を自覚できました。

今般、本命ではなかったものの、ほのぼのとした雰囲気は自分には一番あっているかなと感じていた某校の合格通知を受領したことで、TOEFLの勉強を終わらせることができました。

芸事等の世界では「習うのが3年遅くても良い師匠につけ」という格言があるそうです。(3年も待っていられないでしょうが、意図するところは)TOEFLやGMATでも同じだと思います。人それぞれ師匠は違うと思いますが、TOEFL Speakingに関し、私にとってDonoは最高の師匠だったといえます。ほかの予備校等のやり方が腑に落ちなかったら、Donoの元を訪れることを強くお勧めします。


Name or nickname: M.M.
TOEFL speaking score improvement at E4TG: from 15 to 24

TOEFLの4つのセクションの中で最も自習でスコアを上げるのが難しいと思うのはスピーキング・セクションです。自習ですと、スピーキング・セクション用の教材の回答を暗記してリピートする練習等が中心になると思われますが、このような練習をしてもスコア・アップにはつながらないと思いました。

ドナルド先生のクラスでは、スコア・アップに直結するストラテジーを教えていただけますし、クラスの仲間や先輩方の過去の経験から、そのストラテジーを習得するためには日々の継続的な努力が必要であることを実感させられ、スピーキングの練習を日常的に行うきっかけが与えられました。

また、ドナルド先生からお勧めいただいた教材を使用したことにより、スピーキングだけでなく、リーディング及びリスニングのスコアも確実にアップしました。

TOEFLの目標スコアの達成は、いかに高いモチベーションを維持するかが重要ですが、週1度のクラスで、ドナルド先生やクラスの仲間と会い、直近のテストのスコアを報告するとともに、そのテストで出題された問題に関する留意点等の情報交換をすることにより、私のモチベーションは、長期間維持できていたと思います。

約半年でTOEFLスコアが30点ほどアップしたのは、ドナルド先生のクラスに通っていたことによるところが大きいと思っています。


Name or nickname: Koji Takezaki (竹崎孝二)
Score improvement: SP 17~20 to 19~22、Total 88 to 104 / 4回(2ヶ月)

大手予備校のテンプレ洗脳により、2年ほどTOEFL難民となった後、半年間ほどのウェイトリスト状態をへて、通常クラスに空きが出た際にねじ込んでもらう変則的な形で入門しました(スコアが出るまでに2ヶ月かけて4回受講)。

ドナを強くお勧めする理由は以下の4つです。

①SPのスコアアップ

ガイダンスでETSの求める内容やSPの戦略を教えてもらい、development重視に切り替えた結果、セクション1,2は即座かつ安定的に3点が取れるようになりました。セクション3~6もクラス演習とヒアリング能力の向上に伴って3点が取れるようになりました。

②Tips

クラスの合間にドナが挟むTOEFL豆知識(誰が採点しているのか、どの時期に受験すべきか、など)が豊富で、よりクリアなイメージをもって受験できるようになりました。

③人柄

明るく気さくな人柄で、多くの生徒がドナのクラスに通うことでモチベーションを高めています。スコアが出た後も、ドナが主催する飲み会で多くの友人と出会うことが僕の楽しみの一つです。

④コスパ

受講費を高い、と捉える人もいると思いますが、TOEFLの受験料や予備校に寄付をするくらいであれば、ドナのクラスを受講してさっさと点数を出してしまうほうが時間も費用もトータルでは圧倒的にプラスです。

最後に、強いてネガティブな要素も挙げておくとすると、クラスの人気が高すぎてなかなか入れないことです。アットホームで手厚いサポートとトレードオフなのかもしれませんが、「クラスが楽し過ぎる」、「モチベーション維持に役立つ」、などの理由で点数が出た後も在籍する受講生もいるので、回転率が上がってウェイトリスト期間が短くなるとウェイト中の人にもより美味しい塾になると思います!


Name or nickname: hi-no
Speaking score improvement: SP17 to 23

私はMBA留学準備のためTOEFL対策を開始した際にまずDonaldのクラスを受けたのが本当に効果的だったと感じています。英語面ではTOEFLのスピーキングでどうすればスコアに繋がるかというノウハウは勿論のこと、英語で思考することの枠組みを身に付けられるという点が非常によかったです。後者の枠組みはエッセイ及びインタビューでもとても役に立つものだと思います。そして、Donaldのクラスを通じて同じタイミングでTOEFLにトライする仲間やDonaldクラスのOBのMBA学生の方々などとのネットワークを得られるのも貴重でした。何よりどんなことにも相談に親身にのってくれるDonaldの人柄も素晴らしいものでした。Donaldのクラスを受講して本当によかったと思います。


Name or nickname: American Football Coach
Speaking score improvement: 13 to 23

E4TGの素晴しさ

1. Perfect Method
今でもOrientationで受けた衝撃は忘れません。Donoは、難しく考えすぎていた私のSpeakingの概念を根底から覆してくれました。DonoのMethodを信じて、練習していけば間違いはない!と、受講当初13点しかなかった私でさえ、確信を持つことができました。

2. Friendly, Competitive Environment
私は会社からの帰宅時、最寄駅の二つ手前で降りて、約20分間歩きながらSpeakingを練習していました。この取り組みへ奮い立てたのは、志の高いクラスメンバーの存在があったからです。仲間の努力の成果を共有できるシステム、雰囲気を作ることに重点を置くDonoの姿勢が、生徒の向上心をより強く刺激してくれました。

3. The World’s Best MOTIVATOR
Donoは単なる英語の先生ではありません。彼は、ひとりひとりの受験状況に気を配りながら、悩み相談にも乗ってくれます。受験プロセスは本当に長い道のりです。テストスコアが下がることもあれば、Essayがうまくかけないこともあります。私がそうでした。そんな苦しい時期を乗り越えられたのは、Donoが私を励まし続けてくれたからです。Donoは15年以上日本で教師をしており、奥さんも日本の方です。日本人のメンタリティーや文化も理解している上に、教師経験も豊富です。私はDonoに全幅の信頼を寄せていました。そして本当に助けてもらいました。

皆さんの最大の懸念: Cost Effectiveness
受験費用はばかになりません。E4TGは他社対比格安ですが、高く感じるのは当然です。ただ、SpeakingはTOEFLだけでなく、Interviewや留学後の生活を考えれば、トッププライオリティーを置くべき項目です。かつ、一人での上達が非常に難しい項目だと思います。Speakingを苦手意識無く迎えられるTestやInterviewでの自分の姿を想像してください。その理想と現実をどう埋めるか。Donoは受験生の期待に十二分に応えてくれる人物だと私は確信しています。


Name or nickname: H.K.
Speaking score improvement: 17 (January) to 23 (February)

Donaldのレッスンがなければ、これ程早くスピーキングスコアを向上させることはできなかったと思います。授業を取り始めたのが1月で、直後に受けたスコアはわずか17でしたが、Donaldの教えに忠実に従い、練習を積んだ結果(教えを受けてきちんと練習することが重要です!)、2月末の試験ではなんと早々に23が出ました。実際にトータルで100を超えるのには時間がかかりましたが、スピーキングが常に22~23あたりで安定的に推移していたのは大きかったと思います。
特に良かったと感じたのは、以下の点です。
英語のイントネーション、意味の区切り、スピード等、スピーキングにおいて本質的に重要な部分を最初に懇切丁寧に指導してくれたお陰で、話すときに注意すべき点がはっきりとしました。これはTOEFL対策のみならず、英語を話すときにも極めて重要と感じております。
また、Donaldは、TOEFLについて熟知しており、どのように何を行えばスコアが上がるのかを明確に示してくれ、そのための戦略を授けてくれました。そのお陰で、費やした時間が正確にスコアに反映されたものと感じております。この点は、是非受講され、ご自身で確かめられると良いかと思います。
そして、スピーキング対策のみならず様々な面で、個人個人に対して非常に親切にサポートしてくれた点も感謝しております。これは敢えて授業を少人数制にし、きちんと皆に目が届くように配慮するというDonaldの心意気であると思っております。
以上、Donaldの授業の素晴らしさをお伝えしましたが、最後に1点強調しておきたいのは、Donaldの授業がどんなに良くても、継続的に練習をしなければ点数は伸びない、ということです。この点は彼も授業の中で何度も念を押してくれますが、やはり英語は語学ですので、サボると一気に実力が落ちます。実際私も23止まりでしたが、もっと練習すれば、違う結果が出たかもしれません。 
皆さんがDonaldのメソッドを活用し、1日でも早くTOEFLを卒業されることを祈願しております。


Name or nickname: S.I.
Speaking score improvement: 20 to 27

わずか2ヶ月間でTOEFLのスコアを103点まで押し上げることができたのは、
ドナルドのクラスを通じて、スピーキングのスコアを、安定的に24点以上取れるようになったからだと思う。(最高点は27)ドナルドのクラス無くして、志望校に合格することは出来なかった。

ドナルドのクラスの特長は、「簡単に」かつ「実践的に」スピーキングの能力を修得できることだと思う。「STAR」のフレームワークを軸に、「E4TG」「Hawaii」「A Chinese student in Tokyo」といったシンプルなネタを楽しみながら身につけることで、スピーキングセクションは私にとって、最も気楽なセクションとなり、心理的に優位に立つことができた。

また、integrated speakingにおいても、質の高い模擬練習を繰り返すことによって、設問の会話内容が多少難しくても、安定的にスコアを出すことができた。

多くの人が、構えてしまうTOEFLスピーキングを、わずか2ヶ月で克服できるようになるクラスはドナルドのクラス以外は無い。

最後に、TOEFL攻略という点だけでなく、英語力の底上げ、苦しいMBA受験のオアシス(楽しい授業だったので)としても、ドナルドのクラスは有益だった。これからMBA受験を目指す人にも、迷わず、「先ずはドナルドのクラスに行きなさい」と強く勧めている。


Name or nickname: : J.K.
Speaking score improvement: SP22/T94 to SP28/T107

所謂『帰国子女』でもなく、仕事で英語を頻繁に使うわけでもないという条件でSP28を獲得できたのは、教わったStrategyに忠実に従ったからだと思います。Templateに頼っているだけでは問題に柔軟に対応できないため、スコアも安定しません。ドナルドのStrategyによれば、問題に柔軟に対応しつつ、かつ問題をパターン化できます。結果的に、一般的にはスコアが出にくいセクションとされているSPを、安定して24/26を獲得できる得意分野に変えることができました。


Name or nickname: : Hiroyuki
Speaking score improvement: SP 19→24

Donaldに出会えなければ私のスコアが上昇することはなかったでしょう。彼のストラテジーは非常に素晴らしい!の一言に尽きます。私は受講前テンプレートを中心とした対策を行なっていた結果どう頑張っても19点どまりでした。しかし、クラスを2ヶ月受講後にはスコアを24まで伸ばすことができました。これはドナルドのアドバイスがなければ達成できなかったと思います。Donaldは生徒一人一人の特徴を捉えた的確なアドバイスをくれます。さらに受講生の様々なアイデアの詰まったサンプルを聞くことで、必ず自分のスピーキングスタイルを確立することができます。Donaldはフレンドリーで非常に熱心な素晴らしい先生です。またクラスを通じて多くの素晴らしい受験仲間に出会うことも出来ました。私は多くの予備校に通いましたが、クラスの効果が短期間でスコアに顕著に現れたのは唯一Donaldのクラスです。Donaldには本当に感謝しています。


Name or nickname: H.K. (米系コンサルティング会社勤務)
Speaking score improvement: 23→30!! (Total 109→118) Yay =)

. はじめに記載しますが、私は帰国生です(といっても小学校2年半だけですが・・・)。最近は帰国子女の方も増えていると思いますので、そのような方の参考にもなればと思い書かせて頂きます。

スピーキングは差はあれ、一般生も帰国子女も最も苦労するセクションだと思います。なぜならR/Lなどが一般的な英語力自体の底上げで対処出来る事に対し、スピーキングはTOEFL用の準備が必要だからです。極端な話、この授業を受ける前の私の英語のスピーキング能力と、この授業を受けた後のスピーキング自体の能力に差はないと思います(これは私が帰国子女という事で、一般生の方は確実にスピーキングの能力自体もあがります)。しかしながらスコアは23→30と飛躍的に伸びました。これは一重にTOEFLのSpeakingに対処する能力が磨かれたからです。

一般的な予備校がガチガチなテンプレートを用いるのに対してE4TGでは各人が独自の回答手法を先生と共に作り上げます。それを元に、どのような質問が問われても、慌てる事なく対処出来る訓練を積みます。当然毎回TOEFLの問題は変わりますし、予測不可能ですが、どんな問題が出題されても瞬時に回答の仕方が思いつくようになります。このように書くと魔法のように見えるかもしれませんが、実際に授業を受けてみると訓練方法は非常にシンプルで納得のいくものです。これはミラー先生が今までのSpeakingセクションの問題傾向を完璧に把握しており、膨大なデータに基づいた分析のもと、最も効率よく訓練を行える手法を独自に開発されたからです。

ですので、膨大な時間と労力を他の予備校や独自の勉強で費やす前に、このページにあるTestimonialを信じ、E4TGの授業を受ける事をお勧めします。このTestimonialによって一人でも多くの受験生の方がE4TGを受講する決意をして頂き、その結果受験勉強が捗る事を願っております。


Name or nickname: Takuya Kiriyama (桐山卓也)
Speaking score improvement: SP20 to 24 (Total 110: R30, L27, S24, W29)

. 私のTOEFL受験はDonald先生無くしては語れません。当初は独学で勉強しており、Speakingに関しては自分が正しい学習をしているのかということにも自信がなく後回しにしがちでした。その当然の結果としてスコアは全く成長しませんでした。Donald先生のクラスの受講を開始し、先生の教えを忠実に守ることによって(自宅での様々な日々のトレーニングも含みます)2ヶ月で目標のスコアを達成することが出来ました。授業の内容は「なるほど」と納得させられる内容に満ちていますので、英語が得意でない人はもちろんのこと、英語はある程度喋れるのにTOEFLのスコアが出ないといった人にもお勧めです。更にこのコースの素晴らしいところはその内容だけでなく、生徒のモチベーションコントロールの方法にもあるでしょう。周りの学生と切磋琢磨しながら一緒に成長していける環境が整っており、私も自然と後回しにしていたSpeakingの練習に熱が入るようになりました。この講義内容+練習へのモチベーションが多くの学生の高いスコアを生んでいるのだと思います。


Name or nickname: Keiji
Speaking score improvement: 17 to 24

ドナルドの学校と出会えたおかげで、TOEFL はもちろん、MBA 受験全般に関しても、非常に多くの恩恵を得ることができました。

まず TOEFLに関して。ドナルドのクラスでは、毎回 TOEFL Speaking を 1 セットをこなすことができます。これは、スキルアップとテスト慣れの意味で非常に有用でした。Speaking は一番 physical 面(耳、脳、舌、などなどの連携)が要求されるので、実践的な鍛錬が一番要求されるセクションです。普通は(少なくとも私は)、TOEFL の 1 セクション全体を毎週はやれないので、ドナルドの学校でそうした練習を確保できたことは非常に良かったです。また、TOEFL 本番では、Speaking が一番お馴染みのセクションになり、リラックスして受験できる効果もありました。さらに、少人数のクラスなので、TOEFL を知り尽くしたドナルドからの適格なパーソナル フィードバックをたくさんもらえます。また、自分が目標とする点を既に取られている方の Speaking を間近で聞けるので、自分がその点数になるにはどういったところが足りないかも肌で知ることができます。このように、ドナルドのクラスでは、多大な学習効果を得ることができるでしょう。

次に、MBA 受験全般に関して。私にとっては、非常に多くの受験生の方々と知り合えたことが、ドナルドのクラスに通った非常に大きなアドバンテージでした。少人数のクラスの中、ドナルドが楽しい学習環境を作ってくれるので、自然にみんなと仲良くなることができ、クラスの外でも飲みに行ったり、受験情報を交換したりするようになります。私はMBA受験仲間がたくさんできましたが、その多くがドナルドのクラスで知り合った仲間です。さらに、ドナルドのクラスは、MBA 受験のモチベーションをキープする上でも非常に重要な存在でした。受験勉強は地道な努力の積み重ねなので、日々モチベーションは下がりがちですが、ドナルドやクラスメートと TOEFL や受験について話す中で、私は毎回元気をもらって日々の勉強を頑張ることができました。

TOEFL Journey という言葉をドナルドは良く使いますが、多くの日本人にとってTOEFL はまさに長く果てしない旅です。ドナルドのクラスは、皆さんの長い旅を、素晴らしい旅にも変えてくれるはずです。 Have a good TOEFL journy!


Name or nickname: Atsuo
Speaking score improvement: 17 to 23

ドナルドのレッスンがなければ、ここまで短期間でスピーキングのスコアを上げることはできなかったと思います。

型にはまったテンプレートではなく、どんな問題にも柔軟に対応できるやり方を身に付けることができたので、本番でも冷静に取り組むことができるようになりました。

また、レッスン中にもらった発音やイントネーションのアドバイスは、学校の英語の授業では教えてもらえなかったものばかりで、英語についての考え方自体も大きく変えてくれました。

特に純ドメの受験生の方に、強くお薦めします。


Name or nickname: Shunsuke
Speaking score improvement: 17 to 26

私は2011年5月から8月までの4か月間通いました。スピーキングの練習って、そもそもどうやってやるのか、よく分からないまま参考書を開けましたが、やっぱりよく分からず仕舞い。そこで、知り合いを辿って、このクラスに行きつきました。とにかく毎回の授業が濃密で、あっという間に終わってしまうくらい有意義でした。TOEFLのクセと日本人の発音・表現の癖を見抜き、フィードバックが非常にわかりやすく、復習もしやすい授業でした。おかげで、最初は19だったのが、最後は安定して、24~26が取れるようになりました。そして、なにより、同じクラスで学ぶメンバーの意気込みが凄く、同じくMBAを目指す人が多々いるので、情報交換の場としても最適でした。


Name or nickname: Nobu
Speaking score improvement: 17 to 23 (total 109)

旅行以外海外経験が全くない私にとって、TOEFLのスピーキングは、自分の手応えと採点結果が一致しない、非常に難しいテストでした。しかし、ドナルド先生の授業に参加させて頂いたおかげで、自分の意思が正しく伝わる英語を話すために何を意識するべきか、方向性が見えるようになりました。
更に、常に明るい雰囲気に満たされたドナルド先生の授業は、何かと精神的に負荷の大きいMBA受験において、私にとって心のオアシスのような存在でした。結果的にTOEFLにおいて満足の行く結果を得ることもでき、ドナルド先生には大変感謝しています。


Name or nickname: SM
Speaking score improvement: from 19 to 24

まさに目からうろこでした。Donaldなしでは私のTOEFLスコアアップは達成できませんでした。Donaldの授業はSpeakingにFocusしていますが、DonaldはTOEFLの全てを知っている、いわゆるTOEFLマニアです。孤独なTOEFLの勉強でしたが、Donaldの授業を楽しみにしていつも勉強していました。


Name or nickname: Toru
Speaking score improvement: from 19 to 23

海外経験の乏しい私にとって、TOEFL Speakingで高得点を取ることは鬼門でした。受験生活の中でE4TGに通うことができたことは非常に幸運なことだったと振り返ってみて思います。以下3点からE4TGの素晴らしさをお伝えします。

1. 23点overを取るためのシンプルなStrategy
E4TGに通う前の私は18点~まぐれの20点を上下していました。ですが、DonaldのStrategyのおかげで20点を安定して出すことができ、最終的には23点まで伸ばすことができました。
E4TGの受講生が安定して高得点をたたき出しているように、誰にでも適用可能なStrategyを身につけて、徹底的に練習する環境をE4TGのクラスは提供してくれました。

2. 目標のレベル感を知る機会の提供
E4TGの生徒の録音をサンプルCDとして授業後に配布してもらえます。同じ日本人でも23点以上を取っている方がどのようなことを、どのようなトーンで話しているのかを知ることができます。CDの内容を聞き、真似することで自身のSpeakingも上達する機会に恵まれました。

3. モチベーションの極めて高い受験仲間との出会い
E4TGに通うことで、モチベーションの高いMBA受験生仲間と出会うことができました。 クラスを卒業してもクラスメイトの方と勉強グループを結成励まし合ったり、Donald主催のPartyに参加させてもらったりと、同じ志を持つ仲間の輪がとにかく広がりました。私自身、テストでなかなか結果を出すことができず、落ち込むこともありましたが、E4TGで出会ったクラスメイトと日々励まし合うことでMBA受験をなんとか乗り越えることができました。E4TG、そしてDonaldには感謝の気持ちでいっぱいです。


Name or nickname: Y.T. (総合商社)
Speaking score improvement: From 20 to 24

3. 普段仕事で英語を使う機会は多いものの、TOEFL Speakingの勉強を開始した時にはどのように対策をすれば良いかわからず、かなり苦労しました。然し、Donaldの授業を受講してからは、何をやらなければいけないのかが明確になり、TOEFL Speakingの点数もすぐに23-24点で安定するようになりました。Donaldは、TOEFL Speakingに対して誰よりも高い情熱と深い知見を持っています。そして、何よりもDonaldの授業は楽しいです。是非、Donaldと一緒に目標とするTOEFLの点数を達成して下さい!!


Name or nickname: KS
Speaking score improvement: from 19 to 26

まさか私がスピーキングで26点を取れるとは思いませんでした。
MBA受験のために色々な予備校に通いましたが、間違いなくE4TGが一番効果がありました。Donald先生のレッスンに通い始めて1ヶ月程度で安定して22-23点が取れるようになり、半年もしないうちに26点が取れたのは、奇跡としか思えませんが、そんな奇跡を起こしてくれるのがDonald先生です。
Donald先生のStrategy、フィードバックはとてもシンプルかつ即戦力があり、Donald先生を信じて練習をすれば、結果は必ずついてきます。Donald先生は数多くの生徒を教えてこられた実績があり、どの程度できれば何点くらい取れるかということも熟知されています。
Toeflはとにかく早く終わらせて、他の出願準備に取り掛かる事が重要です(特にMBA受験の方)。スピーキングの伸び悩みを感じている方はもちろん、伸び悩みを感じる前の方も、Donald先生の門を叩くことを強くお勧めします。


Name or nickname: M.S.
Top TOEFL speaking score: 23 (starting score : Speaking 15, Total 74)

海外滞在・留学経験が一切なく、仕事でも全く英語を話すことがない私が、TOEFL Speakingで23点、Totalで109点をとることができたのは、Donald先生のおかげです。
まず、私のような日本人がTOEFL Speakingで安定して23点以上を獲得するための、(私の知る限り)最善の戦略を学ぶことが出来ます。また、クラスでは、Speakingの問題にその場で回答し、先生から講評を受けるので、うまくできないと恥ずかしい思いをすることもあり、かなりの緊張感があります。しかし、このおかげで、自宅できちんと練習をせずにはいられなくなります。私のように、放っておかれるとサボってしまうタイプの人には、是非オススメしたいです。受講期間中は、復習や発音練習で大変でしたが、振り返ってみると、一つの正しい戦略を知り、その戦略の運用をとことん練習すれば結果が出るということが確信できていたので、特に試行錯誤をする必要がなかったという意味では、「楽だった」と言えると思います。また、Independent Speakingのストラテジーは、Independent Writingにも一部応用可能で、Writingの点数も上がりました。おかげさまで、8月から受講し始めて、10月末に受けたTOEFLで満足のいく点を叩き出すことができました。ありがとうございました。


Name or nickname: Flying Arrow
Speaking score improvement: from 20 to 23

Donald先生のクラスは、実際の試験を意識した演習中心の実戦的なクラスで、他のクラスメートの回答と自分の回答を比較することも出来、 自分のよいところ、悪いところ、なぜうまく答えられたのか、答えられなかったのか等を確認することが出来ます。先生からフィードバックをもらい、一段一段階段をのぼるように、 毎週毎週、力がついていくのを実感することが出来ました。また、生徒からの授業へのフィードバックを常に意識しており、E4TGの授業は常に進化しています。私のように海外経験のない方にはとくにおすすめです。


Name or nickname: N.N.
Speaking score improvement: Speaking 17 to 22

ドナルド先生クラスのおかげで、スピーキングのスコアは大きく上昇しました、僕がもっとスピーキングの練習に時間をさいていれば、24点は獲得できたのではと思っており、その点では反省しております。ドナルド先生のSAR(STAR)ストラテジーは素晴らしく、スピーキング以外の分野(TOEFL Writing, Essay, Interview)でも非常に役立ちました。自分のMBA受験の中でも最も費用対効果の高かったものと言えます。現在、MBA受験中の方は迷わず、ドナルド先生のクラスを受講しましょう!!


Name or nickname: D.K
Speaking score improvement: From 19 to 23

TOEFLのSpeakingは、短い時間で与えられたテーマについてアイディアを頭の中で纏め話し切る能力と、レクチャー等の内容を整理し英語で端的に説明する2つの能力が求められます。
いずれも日本で生活しているだけでは鍛え難い分野であり、旅行等で"英会話"に慣れていても、"大学の授業に参加出来る水準"の英語力を計るこのテストには非常に手間取りました。「そもそも何をしゃべれば良いのか分からない。」(→基本戦略の立案)「練習しているのにスコアが上がらず、何をすれば良いか分からない。」(→評価ポイントの把握) 多くのTOEFL Speaking受験者を悩ますポイントは、上の2つでは無いでしょうか?
DonaldのClassに参加すれば、この2つの能力を徹底的に鍛える事ができます。
「何をしゃべれば良いのか分からない」については、授業で教えて貰うDonald作成の話しにプラスして、他の受講者のしゃべる内容を聞くことが有効です。長く受講している受講生のしゃべっている内容は、何より得難いモデルテキストとなります。
「練習しているのに、スコアが上がらない」については、ETSが何を評価するのかを把握する事が出発点となります。長年Speakingを教えて来たDonaldは勿論評価されるポイントを明確に把握しており、日本人の弱点も熟知しています。
Classの中で練習しながら、一つ一つ自分の弱点を潰していけば、スコアは努力に比例してちゃんと上がっていきます。
多くの社会人TOEFL受験生は時間がありません。SpeakingやWritingなどOutputが求められる分野は、お金を投資して、きちんとした指導を受ける事が近道です。中でも、Speakingは是非Donaldの授業を受講する事をお薦めします。


Name or nickname: Taizo Futatsugi
Speaking score improvement: 20 →24

私はTOEFL Speaking対策として多くの予備校に通い、また参考書等で勉強しましたが、短期間の得点向上に意味があったと感じているのは唯一Donald氏のクラスだけです。このことは、あらゆる意味で不透明感が多い私のMBA受験準備の中で確信を持って言えることです。ここまで実践的なトレーニングを提供しているクラスは他では存在せず、少人数だから提供できるものであり、一度でも受講すれば有効性は即座に理解できるでしょう。


Name or nickname: SE4T
Speaking score improvement:ドナルド氏のクラスに通うまではスピーキングスコアが18前後(I got 20 once)で低迷していました。しかし通ってから3カ月目で22、5カ月目で23を取ることができました。

小手先のテクニックとは違う、応用力に富んだ正攻法をドナルド氏から教わりました。少人数で和気あいあいと楽しく練習ができるのに加え、他の生徒の前でスピーキングすることで本番での気恥ずかしさなくせたこともよかったです。他の生徒の方々のレベルが大変高いのでモチベーションのアップにもつながりました。結果、ドナルド氏のおかげで、総合計も大台の100に乗せることができました!多謝。


Name or nickname: Y.K(総合商社勤務)
Speaking score improvement: SP18 to 23.

ドナルドのクラスに参加する前は、点数がかなり上下してましたが、彼のクラスで、何をどう話せば点が取れるかが分かり、安定して22、23が取れるようになりました。また、彼のストラテジーはシンプルで、実践的です。私のような発音、スピーキングに自信のない純日本人でも、彼の実践形式の授業で23点を取れるようになりました。ぜひ、悩む前にドナルドの門を叩いてください。


Name or nickname: EY
Speaking score improvement: I improved from 20 to 23 thanks to the lessons.

General opinion: I really appreciate lessons I took when I was struggling to work on the SP section. It actually worked when I put efforts after lessons. I actually got 23 on SP right after the first month!!


Name or nickname: Tamaki
Speaking score improvement: 18→26! Woo-hoo!

まさか自分が18点→26点を出せるとは思ってもみませんでした!!

Dono先生のクラスに参加する前のTOEFLでは、SPEAKINGのあの“ビーッ”という開始音に心乱され、必死に覚えたテンプレートもほとんど役立てぬまま、制限時間が過ぎるのをオロオロとやり過ごす状態でした。緊張で10秒間声を出せなかったこともあります。友人からDono先生の評判を教えてもらった時にも、これまで海外に住んだことも、英会話に通ったこともなく、ネイティブの先生のクラスに参加することさえ気後れする状態でした。

一歩勇気を踏み出した先に待っていたのは、そんな自信のなさを一気に吹き飛ばしてくれるDono先生の存在でした。これまでのご経験とご研究に裏付けされたアドバイスは的確、かつ今の自分に無理なくできる現実的なものでした。そして、気づけばテンプレートから解放され、自分だけにカスタマイズされた“オリジナル”スピーチが口をついて出てくるようになっていました


しかし、Dono先生が多くの生徒を惹きつけ、尊敬を集めている理由は、その知性と指導力だけではありません。先生のユーモア溢れるあたたかいお人柄に触れ、言葉を交わしていると、不思議と“その気”にさせられ、その効果はSPEAKINGだけではなく、他のセクションの得点アップにもつながっていたことを確信します。


また、少人数制の和やかな雰囲気もクラスの魅力の一因です。モチベーションの高いクラスメートから受ける刺激は大きく、スピーチのアイディアが次々と広がりました。そして、思うようにスコアが上がらない時にも、共に闘うクラスメートの存在は大きな励みになりました。


最後に、TOEFLの得点を超えて得られたものがあります。私にとって、Dono先生、そしてクラスメートとの出逢いは、夢を後押しし、勇気づけてくれるものでした。そしてこれからもそうであると信じています。


新しいクラスメートとの出逢い、そして共に学べることを心から楽しみにしています!Let’s enjoy your TOEFL journey with Dono and us!!


Name or nickname: 藤田 宗義
Speaking score improvement: SP19 to 23. I'm sorry. As you know, I missed 24/26 a few times although I earned Good in the independent section.

Donaldがいなければ、4月に65点しかなかった私のスコアが9月に105、12月108という、Top Schoolにも出願出来るようなスコアにはならなかったでしょう。本当に感謝しています。一方で、9月に105点を取り、GMATに比重を傾けた頃から、スピーキングの練習量が圧倒的に落ちてしまい、23点を維持することに満足してしまったことが一番の反省です。10月頃からは、振り返ってみてもスピーキングで24/26点、トータルで110点以上を狙うことが出来たにも関わらず、他のセクションのスコアが良い時にスピーキングが20点に落ちてしまう(Total 106)等、もったいないことをしてしまったと思います。これからDonaldのクラスに入る皆さんは、23点付近で満足せずに、26点以上のハイスコアを狙ってください。Donaldの力と自己研鑽、そして熱意さえあれば、届かない世界では無い、と実感しました。以下、自戒も含め、自分なりの所感をお伝え致します。


(Donaldのクラスの良い点)

元々英語のバックグラウンドが全く無かった私にとっては、「どうやったら喋れるようになるんだ」という漠然とした不安がありましたが、イントネーション等のテクニカルな面を論理的に説明してくれ、練習方法(シャドウイング等)を教えてくれたお陰で、「これを続けて行けば、もっと上手くなれる」という「見える道」を敷いてくれたことが大きかったです。TOEFLのスピーキング以外にも、リスニング(イントネーションを理解するとリスニングもしやすくなる)やインタビュー対策にも間違いなく役立っていると思います。クラスで実践に即した練習を積むことが出来、また、クラスメートと共に練習することで、本番のTOEFLの環境(周りで皆大声でスピーキングしている状況)にも慣れ、またお互いをモチベートし合うことが出来きます。もちろん、良い仲間もでき、クラス自体も純粋に楽しいので、情報交換やコネクション作りの意味も含めて、非常に意義深いクラスです。費用対効果が非常に高く、この価格でこの質の授業と本番に非常に即した練習問題を得ることが出来るのであれば、全く惜しくはありません。


(クラスへの意見、反省点等)

海外経験が豊富でない限り、上記のように、一旦サボってしまうと、スピーキングのみならず、英語力はすぐに落ちて行きます。TOEFLに限ったことではないですが、Donaldがいくら良い先生でも、自らで高い目標を持って、常に努力し続けなければなりません。(と大げさに書いてますが、自戒の念を込めて、一日30分でも、スピーキングの練習をずっと継続することをお勧めします。)Donaldは非常に優しく、また日本語及び日本人の英語に慣れています。ですので、普通のネイティブの方々よりも、スピーキングの内容の意を汲んでくれたり、理解してくれます。おそらくTOEFLのスピーキングという使用目的に限れば問題は無いのでしょうが、DonaldのクラスやTOEFLのスピーキングで良しとされる英語のレベルと、日本人の英語を聞いたことが無いネイティブとの会話に求められるレベルに若干の差があると思いますので、常に自分の英語とリスニング教材等のネイティブの英語を比べたりすることも、重要だと思います。


Name or nickname: A.K.
Score improvement: Total Score:from 84 to 110 SP: from 17 to 24

I joined the class in March 2010 and graduated in September. My first TOEFL was terrible! What I spoke to microphone was just a couple of words, not sentences. I remembered being shocked by my poor speaking skills so much. Since then, I began practicing speaking English intensibly.

In the Dono's class, he taught us very useful strategies to tackle TOEFL. Also, he gave us helpful advices regarding Pronuntiation, Intonation, and Useful expression. Out of the class, following Dono's advice, I tried to practice basic stories which are based on my experiences a number of time. Unfortunately, because I needed to shift to GMAT in September, I graduated from Dono's class. At that time, my SP score improved from 17 to 23. Even while I studied GMAT, I never forgot to practice speaking. When I took TOEFL in November after two and half months' interval, my speaking score jumped to 24! I believe Dono's advice about how to improve English skills worked for me very much. I regretted that I had to quit the class in September.

However, what the most remakable thing he gave me was a "confidence" that I could speak English! As I took TOEFL tests, my speaking scores gradually improved. This confidence has motivated me to make effort furthermore.

Although I could not get over 700 on GMAT, my TOEFL scores, especially my Speaking score, encouraged me to apply to top schools. I appreciate his helpful class very much. I believe even applicants who had no international experiences could get over 23 if they follow the advices of Dono! Thanks a lot!


Name or nickname: Opus one
Score Improvement: 20 =>26 (Total 89 =>110)

できるだけ早く、Donaldクラスの扉を叩くことを強くお勧めします。大手予備校のSpeakingクラスを受講して判ったのは、貰ったTemplateは18点レベルを目標にしている事です。客層が広いので、仕方ないですが、MBA等大学院留学を目指す場合はSpeakingで23点は欲しいところ。悩んでいた時に紹介されたのがDonaldのクラスでした。

Donaldのクラスは殆どが大学院留学に向けてiBT100点越えを狙っている生徒ばかりで本気度が違いましたし、5人という少人数クラスは大変濃厚な時間でした。 英語圏の帰国子女ではない私も受講前のSpeaking20点から2ヶ月で26点まで点数を伸ばすことができました。23点まではDonaldのStrategyで十分達成できると思います。Donaldがクラスで扱うMaterialsは本番のTOEFLにとても近く、本試験で何度も同じような出題がなされ、さらに得点アップの機会も貰いました。毎週6スピーチを繰り返す事で自然にListening力もつき、最後はListeningのスコアが一番高くなりました。(Speakingは実はListening力がとても要求されるので、Donaldのクラスに通うことで両方ともレベルアップした事を実感してます。)

TOEFLは出願プロセスの一部です。Donaldのクラスでは同じ目標に向かって相談し合える仲間に出会えたのもとても大きな収穫でした。また、DonaldにもSpeaking以外の点でいろいろ相談に乗ってもらい、たくさんのアドバイスを貰いました。精神的にタフな出願プロセスを楽しみながら進めることができたのはDonaldのクラスがあったからこそです。

少人数制であるが故に、春になるとWaitingになってしまいます。TOEFLを早く卒業する上でも、ぜひ早いチャレンジを!


Name or nickname: H.K.
Speaking score improvement: From SP17 to 23

Donaldの授業を受けていなかったら、僕はSP23点を取ることは出来なかったと思います。テンプレートに頼るのではなく、Sp/Independent(SP1&2)の色んなTopicに対応できるような自分の中でのネタ出しのアドバイス(本番ではGoodがでました)、Integrated(SP3,4,5,and 6)において言及すべきポイント、回答の構造化のアドバイス。そして日本人が間違えやすい発音、イントネーションに対する拘り。それら一つ一つに関しきめ細かいアドバイスが受けられるDonaldの授業は本当に受講してよかったと思います。Total 100 Overの一つの鍵はSP Sectionで23点を取ることだと思いますので、純ドメの方にこそ体験してもらいたい授業です。


Name or nickname: Akio Yonekura (米倉章夫)
Speaking score improvement: 24 -> 26

受験勉強において”隣の芝生が青く見えない環境”は本当にかけがえのないものだと思います。ドナルドのTOEFL SpeakingのクラスはMBA受験で出会ったたくさんの勉強環境・教材の中で唯一と言える程、”隣の芝生が青く見えない環境”でした。“ここで言われ たことだけをやっていれば、とりあえずTOEFLのSpeakingは大丈夫かな”と思えたことは、他の勉強とTOEFLの勉強との両立 や、仕事と勉強との両立を考える上での大きなアドバンテージになり、早い段階で受験結果を出すことができたことの最も大きな要因の一つ だったと思っています。


Name or nickname: Mr. Nomad
Score Improvement: from 22 to 28.

以下の理由から、レッスンは「素晴らしかった」の1語に尽きる。

自信を与えてくれる「純ドメ日本人には23は無理」、「27以上は帰国子女の世界」というまことしやかな噂を前に何度も不安になったが、オリエンテーションで吹き飛んだ。「出来そう!」と思った。

「では、実際にどうすれば良いか?」を学ぶことが出来るしかし、気持ちだけではどうしようもない。レッスンで繰り返されるいくつかの大事な約束事*は、満足出来るスコアを取って改めてその重要性を実感した。多くの人が言うように、五里霧中のFamiliar Topicsで役に立ったのは当然のこと、Integratedのスコアメイクにも大変参考になった。

あとはPractice!一番印象に残っているのは、nice guy のDonaldが"if you don't practice, I can tell after 2-3 weeks."と言った時だ。

を心に刻んでpractice, practice...本音を言えば最初は練習が面倒だったが、improvementが自分でもわかると、どんどん楽しくなった(やらないと本当に下手になる)。


Name or nickname: Hiro
Speaking score improvement: SP14 to 23. Thank you Donald!

5人の少人数でじっくり指導を受けられること。またクラスメートのレベルが高く、学習意欲が沸いてきます。Donaldの指導のもと、しっかりトレーニングすれば、23点以上は可能です。ちなみに私は留学も海外生活も未経験。仕事で英語を使う機会もありませんでした。


Name or nickname: George
Speaking score improvement: 19 -> 24

私はDonald先生のクラスを受講して1ヶ月でiBTのスピーキングのスコアが19から22に、3ヶ月で24までアップしました。それまでの約2年間、大手予備校に通い、独学での勉強も続けましたが、全く準備をせずに受験した初回の17からスコアに大きな変化はありませんでした。そして、スピーキングのスコアアップを半ば諦めていたときに、Donald先生のクラスに出会いました。Donald先生からそれまでのiBTに対する間違ったアプローチを指摘され、スコアアップに必要なポイントを即座に理解することができました。クラスでは実践的なトレーニングが取り入れられており、実際のテストに慣れるのにも最適です。また、Donald先生のフィードバックは的確で、弱点の克服に大きく役立ったと感じています。少人数のクラスのため、他のクラスメイトとの交流も深まりました。スコアアップの程度と期間は人によって異なると思いますが、Donald先生のクラスを受講し、継続的に努力を続ければ、誰でも目標のスコアに到達可能でしょう。


Name or nickname: Surviver

複数の予備校に通った経験から、Donaldの素晴らしい点は次の点だと考えます。

  1. Speaking Scoreの向上に直結するプラクティカルな戦略の提供

Speakingセクションに苦戦すると考えた私は、受験前に某大手予備校の授業を受講しました。しかしその予備校で習得したテンプレートに従って試験を受験し続けるものの、4カ月間私のスコアは全く向上しませんでした。そこで職場の同僚の薦めで、Donald先生の授業に出席してみることにしました。先生の授業では、驚いたことにテンプレートを一切使わず最小の努力で無駄なく点数を出す方法を学ぶことができました。先生の方法論にしたがった結果、受講後わずか1か月でSpeakingの点数が3点(20→23)も向上しました。

  1. 最新のiBT出題問題に対する緻密な研究と秀逸なオリジナル問題

iBT対策を教える講師の方は複数おりますが、Donald先生ほどup to dateで問題傾向を把握し、オリジナル問題を作成している講師はいないと思います。先生のオリジナル問題と類似の問題が本番で実際に出題されたことが何度もあり、緊張感のあるSpeakingセクションに普段通りに落ち着いて対処することができました。

  1. TOEFL全般に関するサポーティブなアドバイス

私は、Speaking以外にもListeningのスコアが伸び悩むという問題に直面していました。普段の授業終了後にDonald先生にアドバイスを求めたところ、深夜にも関わらず厭わず相談に乗ってくれ、他の受講生の例を引き合いに出して有益な手法を沢山教えていただきました。最終的に総合点で109点まで伸びたのは一重に先生のお蔭だと思っています。


Name or nickname: Aki
Score improvement: I improved from SP 15 to 23.


私がTOEFLで高スコアを出せたのは,間違いなくドナルド先生のスピーキングクラスのおかげです!!最初は大手予備校に通いましたが,スピーキングの点数はずっと15点で全く伸びませんでした。そんな時,会社の先輩からドナルド先生のクラスのことを聞き,すぐに入学を決意。通い始めてすぐにTOEFLの点数が伸び始め,最終的には目標としていたSP23点,トータル105点以上という点数を獲得できました。


ドナルド先生のクラスの良いところは3つあります。


①授業の質が高い

私が留学の受験仲間と情報交換した中では,ドナルド先生以外で実際にスピーキングの点数が伸びたという予備校を聞いたことがありません。実際,私も通い始めてすぐに自分のスピーキング能力が高まっていくのを感じました。


②授業が楽しい

ドナルド先生の人柄が何よりも最高です。私は週1回の授業を待ち遠しく感じていました。また,生徒もみんなモチベーションが高く,「自分ももっとがんばろう」という気持ちになれたため,長く大変な留学準備の中でも息切れせずに頑張り続けることができました。


③授業料が安い

これだけ授業の質が高いにも関わらず,他の予備校や英会話学校の授業よりも授業料が安いのは,良心的としか言いようがありません!


逆にドナルド先生のクラスの悪いところは・・・,人気がありすぎて春以降は数カ月以上の入学待ちとなってしまうことでしょうか。


とにかく,留学準備でTOEFLが必要な方には,絶対おススメのクラスです!!!


Name or nickname: Yoga Master
Score improvement in my class: SP 18 to 24 (96 to 103)

TOEFLのスコアメイキングに苦しみ、どうしても100点の壁を越えられない中、ドナルド先生の教室の門を叩きました。それまでは、大手予備校のテンプレートをもとに、英会話学校に通い、ひたすら練習を重ねていましたが、純ドメの私にとっては、18点が限界でした。しかし、ドナルド先生の授業を受講してから、わずか2週間後に受けたTOEFLの結果は、Speakingが22点と過去最高を大幅に更新することができました。その後、継続的に受講し、安定して23点もしくは24点を獲得することができるようになりました。これは、まさにドナルド先生が、TOEFLを研究し、日本人に適した戦略を開発し、ハイレベルな授業を提供しているからにほかなりません。ドナルド先生のクラスから得られるベネフィットは以下のようなものがあげられます。


1) TOEFLのSpeakingでハイスコア(24-26)をとるための戦略を身に着けることができる

2) 個人ごとに丁寧なFeedbackを与えてくれる

3) MBA 受験プロセス全般の客観的なアドバイザーになってくれる

4) モチーベションの高いクラスメートとともに高めあうことができる

5) 真のスピーキング力を育成することができる


そして、ドナルド先生の授業の成果が本当に発揮されたのは、私が受験校の面接を受けた時でした。面接官から、「休みのときは何をしますか?」と質問を受けた時は、ドナルド先生と一緒に練習したお気に入りのトークで自信をもって面接官に対し魅力的に伝えることができました。これが、合格に大きく影響を与えたのはいうまでもありません。

以上いろいろ書きましたが、どんな人に対しても、きっとドナルド先生は心強いパートナーになってくれると思います。迷われているようでしたら、是非一度ご本人に会われてみることをお勧めします。


Name of nickname: T.O.
Score improvement in my class: From 22 to 26


仕事柄ある程度英語を話す環境にいたものの、iBT特有の問題形式で高いパフォーマンスを発揮する事に限界を感じ、Donoのクラスに参加させて頂きました。
毎回授業で提供されるマテリアルはどれもチャレンジングかつ実践に即しており、ほぼ全く同じ問題に本番で何度も遭遇しました。しかしコンテンツそのものだけではなく、何よりもDonoの指導するSpeaking戦略は他のテンプレート重視型のものとは全く異なり非常に柔軟性・汎用性の高いものであった為、Speakingセクションで安定して高いスコアを出せる様になった頃には、「どんな問題が来ても対応出来る」という自信が付きました。少人数制という事もあり、クラスで出会った仲間達とは本当に良い関係を作れましたがこれもひとえにDonoの素晴らしい人柄と人間性のおかげだと思います。有難う、Dono!


Name or nickname: Big Band Jazz Girl
Score improvement in my class. Before: Speaking section 15 to 22. Total Score: 82 to 103.

Speaking対策というのは、スポーツを新しく習うようなものだと思います。つまり、良い先生の下、適切なメニューの練習を楽しく続けることが大事になります。私の場合、Donoのクラスに通うことによって、それが無理なく続けられたように思います。具体的にどのような点が良かったのか、ステップ毎にまとめましたのでご参考ください。

1.攻略方法の全貌を把握する
当初、Speakingでは何を問われているのか(チェックされているのか)すら良く判っていませんでしたが、Donoからは各問題の限られた時間の中で、何をどの順番でどのように話せばよいのか、明快かつ納得感のある指針を得られ、「これに従ってやればよい」という安心感を得ることができました。

2.現状を直視する
少人数のクラスでクラスメイトと自分の録音を聴き比べることにより、自分に足りない点や、前回より良くなっている点が、白日の下に、赤裸々に、余すことなく明らかになりました。その結果、凹んだり嬉しかったりする訳ですが、どちらもSpeaking対策を根気良く続ける上での原動力となりました。

3.改善するための方法を知る
足りないスキルを伸ばすために、Donaldからは毎週「○○を毎日やれ!」と具体的なアドバイスを貰うことが出来ました。

4.やらざるを得ない状況の下、練習する
忙しい生活の中で、3~4時間、本番さながらの状況の中、集中して問題に取り組む時間を確保することができたのは非常に有意義でした。本番でも「いつものクラスの通りやればよいんだ」と思えた事はプラスだったと思います。

5.モチベーションを維持しながら、続ける
結局2~4の繰り返しになる為、単調になりがちなSpeaking対策ですが、瞬く間に上手くなっていくHotなクラスメイトに触発され、「自分も頑張らねば」という気になりました。また、伸びないスコアと格闘していた時期には、Donaldの励ましにいつも救われました。


Name or nickname: Basketball girl
Score improvement in my class: 各受講期間のスピーキングセクション最高得点

1st term: 22 (Independent Taskで初Good)

2nd term: 23 (Integrated Task/Campusで初Good)

3rd term: 23 (全てのセクションでFair)

4th term: 24 (Independent TaskでGood)

5th term: 26 (Independent Task, Integrated Task/CampusでGood) ⇒Total score 107

バックグラウンドと受講後の効果

私は仕事で海外オフィスとEmailなどのやり取りをする程度で、長期の海外滞在経験のない、いわゆる純ドメに属します。クラス受講前はスピーキングセクションの点数が安定せず、18点から22点の間を行ったり来たりしていました。また、海外経験のない日本人は良くても23点という噂を鵜呑みにして、スピーキングは特段対策をとっていませんでした。周りの受験仲間からの勧めにより受講を決めましたが、本クラスに通わなかったら26点は夢のまた夢だったと思います。また、受講後は毎回23点以上で安定するようになり、全体の点数が読みやすくなりました。


Friendly & Enjoyable

毎回教室で各タスクを制限時間通りに録音し、演習を行います。その後、クラスメイトの前でそれぞれのスピーキングを聞き、Donaldから容赦ない指摘を受けます。人見知りをされる方、シャイな方は身構えてしまうかもしれませんが、Donaldはとてもナイスガイでクラスの雰囲気も非常にフレンドリーです。また、クラスメイトとある種の羞恥心を共有することもあり、すぐに打ち解けることができるかと思います。毎回3時間のクラスがあっという間に終了するという感覚でした。


きめ細かいフィードバック
人それぞれスピーキングセクションの点数が伸びない理由があるかと思いますが、このクラスでは的確にフィードバックが受けられます。スピーキングのコンテンツの構成、時間管理、発音・イントネーション等、自分がどの要素で減点されているかクリアになり、効率的に練習ができます。


トータルコーチング
Donald のクラスはスピーキングセクションのみならず、総合的なTOEFL対策のクラスでもあると思います。各セクションで高得点が出せる学習法がシェアされ、経験に裏付けされた非常に有益な情報が得られます。また、Donaldはとても献身的で、メンタル面においても心強いアドバイスを受けられます。クラスメイトが続々と100点を超えていく中、90点代後半で点数が伸び悩んだ時期がありましたが、彼の言葉に励まされ、その後の試験にて100点の壁を超えることができました。


おわりに

このクラスで身につけるスピーキングテクニックは、実際のインタビューにも役に立つのではないかと思われます。TOEFLはもちろんのこと、実践的な英会話力の向上につながる従業内容だと思います。




Name of nickname: YK
Score improvement in my class: SP19 to SP22

I heartily appreciate Dono’s lessons. When I contacted Donald first time, I was completely at a loss how to improve my SP score. My best SP score was 19, and this was only one time while I had taken over 10 times (I got 15 on the last TOEFL before I met him). I was really tired of English speaking at that time. But, Donald completely changed this. In his class, I learned a lot including essential English concepts, how to improve speaking skills, and practical strategies. Above all, there was a lot of fun in his class. After taking his class, I liked to practice English speaking, and then my best score improved to 22 (I constantly got 20-22). In addition, his advice about story development works in various situations. In fact, my best writing score improved from 24 to 29 while taking his lessons. It helps me even in essay writing and interview preps. Indeed, Donald helped my English life.


    Name or nickname: Muuger
    Score improvement in my class: My initial SP score, 19, eventually reached 24 (highest score).

    I strongly recommend Donald’s class from the following three reasons: 1) his effective and flexible strategies for TOEFL iBT, 2) classroom’s competitive and supportive atmosphere, and 3) his sincere attitude to improve students’ scores.

    First of all, Donald knows every stones of iBT TOEFL and thus his strategies are always effective. Moreover, correctly diagnosing the bottlenecks for students’ target scores, he appropriately tells the ways how to overcome such problems according to their level. In my case, his advices changed as I developed my SP skills and improved my scores, supporting his flexible manner.

    Second, Donald’s competitive classroom comprising with strong-minded students greatly encouraged me to practice. Also, sharing MBA information and sometimes MBA-specific distress with the classmates was valuable opportunity for me to do a networking, which helped me to apply for US Business Schools.

    Finally, I respect Donald as a human, which I believe differentiates him among other mentors in the MBA industry. He had sincerely worked with me outside classrooms; for instance, when my “listening” scores downgraded twice in a row and thus I consulted the issues with him, he tried to seek a solution and to introduce a suitable program in a timely manner.

    To be honest, I had had to back and force from Osaka to Tokyo to take his lessons; however, I am ensured that his priceless lessons gave me great chances of success.


    Name or nickname: Hiroki
    Score improvement: I improved my score from 17 to 23.

    ドナルド先生のスピーキングクラスを強く勧めたいと思います。


    まず、日本人がTOEFLで苦労するのはスピーキングセクションです。

    独力でスピーキングをあげるのは、適切なフィードバックを受けることが出来ないため、非常に困難です。

    ドナルドのクラスに通えば、テンプレートに頼らない独自のストラテジーを学ぶことが出来ます。

    海外経験が全くなく、海外旅行の経験もない、私も最終的には23まであげることが出来ました。


    また、ドナルドのクラスでは志を共有をする仲間と知り合うことが出来ます。

    これは辛いTOEFL受験が続く中では、非常に支えになりました。

    クラスの雰囲気も非常によく、仲間と切磋琢磨することで、TOEFLの実力をアップさせることが出来ます。


    是非ドナルドのクラスで希望スコアを達成してください!!

    Name or nickname: PIE lover
    Score improvement: started with my lowest 15/76; after attending Dono class 16 weeks, I got 24/95; at last 26/109 (fair, good, fair)

    MBA留学に向けた投資の中でコストパフォーマンスがずば抜けて高かったです。私は純粋ドメで話すのが(今でも)苦手ですがこのTOEFLの結果は驚きです。100を目標にする方にも、107+を目標にする人にも自信を持ってオススメします。


    Name or nickname: Daisuke Ishida
    Score improvement: SP 19→24, Total 99→111

    ドナルドの実戦的なアドバイスによって、スピーキング24点を取ることができました。ドナルドはリーディング、リスニング、ライティングについても有益な戦略を教えてくれます。これらのアドバイスがトータルスコアの改善にも大きく寄与しました。ドナルドのクラスで何よりも良い点はクラスメートからも学べることです。日本人クラスメートの解答は非常に参考になりますし、情報交換という点でも有益です。TOEFLの対策でお困りであれば、まずはドナルドのオリエンテーションに参加することをお勧めします。


    Nick Name: Gas Station
    Score improvement: SP20 to SP24 in 4wks

    大手予備校でテンプレートを学んだ後スコアが下がったので、どうしようかと思っているところ、ドナルドのことを聞いて6月に入門しました。ドナルドの授業は楽しく、また周りのメンバーにも恵まれ毎週楽しく授業を取っていました。シャドーイングを1日3回欠かさずやったところ、4週間後の7月に、SP20がSP24(Total99)になり、株式会社E4TGの信者になりました。その後、SP26を目指して頑張りましたが届かず。SPはGood/Fair/Fair, Fair/Good/Fair, Fair/Fair/Good全て経験しました。Total Scoreは107で 終えてます。このクラスで会ったメンバーとはその後もアカデミーヒルズで一緒に勉強し、毎週土日は一緒に飯を食う生活を数カ月続け、勉強と仕事の両立で辛 い生活での励みになりました。この期間中は夜遊びもこなせず、勉強と仕事だけだったので、ドナルドとクラスメイトには本当に精神的に助けられました。